ドリームパワーブランドで展開するナカトミ耕運機を紹介

【画像】ナカトミ耕運機は、アウトドア、レジャー、エクステリア、インテリア、家電、キッチン、ヘルスケア、バイク、ガーデン用品まで手掛ける山善との共同ブランドであるドリームパワー耕運機として展開されている耕うん機
耕うん機道具

家庭菜園やガーデニングが本格的になり、園芸用品や農業資材(肥料、農薬、育苗トレーなど)まで使いこなすようになってくると、鍬(クワ)よりも強力な農機具として耕運機の必要性を感じるようになるかもしれません。ナカトミ耕運機は、ホビー用途からセミプロまで幅広く使える家庭用耕運機としての活躍が期待されます。

この記事では、ドリームパワーブランドで展開するナカトミ耕運機について紹介します。

スポンサーリンク

ナカトミとは?ドリームパワーとは?

ナカトミ(NAKATOMI)とは、株式会社ナカトミのことです。長野県に本社を構えるメーカーで、冷房暖房器具、空気工具、エンジン商品、園芸商品などの産業機械を開発販売しています。

ドリームパワー(DREAM POWER)は、株式会社ナカトミと株式会社山善の共同ブランドで、ナカトミがメーカー機能、山善が流通販売機能を担当しています。耕運機をはじめとして、チェーンソー、オーガー、ヘッジトリマー、ブロワ、ポンプ、洗浄機、発電機といった家庭菜園やガーデニングで活躍する機械器具を展開しています。品質、安全性、機能性にこだわりながらも、低価格を実現しているブランドです。

こうした背景から、「ナカトミ耕運機」と「ドリームパワー耕運機」といった表記の混在が見受けられますが、両者は同じものを指しています。

「耕運」、「耕耘」、「耕うん」の違い

「耕運」は、正しくは「耕耘」と表記します。「耘」が常用漢字ではないため、「耕うん」と表記されることが多いです。ただし、新聞上では「耕運」と表記することが定められているため、一般には「耕運」と表記されることが普通となっています。

スポンサーリンク

ナカトミ耕運機の種類

一般に、耕運機はモーターを動力とする電動耕運機、エンジンを動力とするエンジン耕運機で区別して分類されることがあります。電動耕運機は、さらに電気式と充電式に細分化して分類することができます。ナカトミ耕運機(ドリームパワー耕運機)では、「電気式」と「エンジン式」に整理して、ラインナップさせています。

電気式

電源コード先端の電源プラグをコンセントに接続することで使う耕運機です。バッテリーを搭載していないため、軽量かつ充電切れの心配がないメリットがある一方で、移動および作業できる範囲が限られてしまうデメリットがあります。排気ガスもなく、騒音も小さいため、住宅街での使用には最適です。

電気カルチベータ ERC-10D

電気式のうち、コンパクトタイプの小型耕運機です。小回りが利く車軸ロータータイプなので、狭い畑や庭での操作もラクラクです。草花や花木を育てる際のガーデン機器としても活躍します。手元のロックボタンを押しながらハンドルとレバーを握ることによって始動する安全仕様なので、初心者や子供がいる場合でも安心できます。ボディカラーはレッドおよびブラック、材質はスチールおよび樹脂です。

DREAM POWER 「電気耕うん機」ERC-10D/POP
本体サイズ幅25.5×奥行32.5×高さ141cm
重量約7kg
電源/電流100V/8A
電圧AC100 50/60Hz
消費電力750W
耕幅300mm
耕深100mm
回転数340min-1
対応面積~15坪
定格時間30分
コード長さ0.3m
騒音値約83dB(1m四方平均)
付属品コードフック×1、延長コード10m×1
原産国中国
ナカトミ 電気耕運機 電気カルチベータ (耕幅300mm) (750W) 10m延長コード付き レッド/ブラック ERC-10D
ミスターポストマン楽天市場支店

電気カルチベータ ERC-15D

ERC-10Dと比べると、本体サイズや重量は増しますが、その分パワフルに深く耕すことができます。タイヤ付きのため、畑や菜園までスムーズに移動させられます。また、石跳ね防止用の金属製泥除けカバー付きでもあるので、安心して作業できます。ボディカラーはレッドおよびブラック、材質はスチールおよび樹脂です。

本体サイズ幅38×奥行105×高さ101cm
重量約9.5kg
電源/電流100V/11.5A
電圧AC100 50/60Hz
消費電力1050W
耕幅300mm
耕深100~120mm
回転数320min-1
対応面積~20坪
定格時間30分
コード長さ0.35m
騒音値約86dB(1m四方平均)
付属品延長コード10m×1
原産国中国
ドリームパワー(ナカトミ) 電気式耕運機 対応面積~20坪程度 ERC-15D
ホームセンターバロー 楽天市場店

エンジン式

本格的に農耕もしくは耕作するためには、エンジン式の耕運機が欠かせません。燃料の入手、オイル交換などのメンテナンスにかかる手間はありますが、硬い土壌を砕き、広い面積を耕すためには出力(馬力)の大きい動力としてエンジンが求められます。

エンジンカルチベータ ERC-43DQ

目安として、30坪くらいまでの畑や家庭菜園に対応します。エンジン式なので、電気式の耕運機よりも本格的に耕すことができます。2サイクルガソリンエンジンが搭載されているので、燃料として潤滑油混合ガソリン(混合燃料)を使用する点には留意しましょう。ダンパー付きなので、初心者でもリコイルが簡単に引けて、始動も楽です。ハンドルの折りたたみが可能で、自動車での運搬や持ち運びにも便利です。

本体サイズ幅48×奥行105×高さ95cm
重量約17kg
エンジン種類空冷2サイクルガソリンエンジン
排気量43ml
出力1.25kW(1.7PS)
使用燃料潤滑油混合ガソリン50:1
燃料タンク容量0.8L
点火プラグTORCH:L6RTC / 互換品 NGK:BPMR6A
始動方式ダンパー付リコイルスターター
対応面積~30坪
耕幅300mm
耕深130mm
爪径220mm
刃形ナタ爪
付属品プラグレンチ×1、ハンドル固定用ノブ×4、ボルト×4、ワッシャー×4、結束バンド×2、混合ガソリン容器×1
原産国中国
ナカトミ DREAM POWER ドリームパワー エンジン耕運機 (排気量:43ml) (耕幅:300mm) 折りたたみ 小型 軽量 ERC-43DQ
ダイユーエイト楽天市場店

エンジンカルチベータ ERC-98DQ

目安として、100坪くらいまでの畑や家庭菜園に対応します。4サイクルガソリンエンジンが搭載されているので、燃料には一般的な自動車用無鉛ガソリンを利用します(携行缶があれば、ガソリンスタンドなどで簡単に入手できます)。土の反転性に優れるナタ爪を採用しているので、表層だけでなく深層までしっかり耕せる本格仕様といえます。車軸の両端にはサイドディスクが付いており、直進性のある安定した耕運ができます。ハンドルの折りたたみが可能で、車載や収納にも便利です。

本体サイズ幅66×奥行107×高さ94cm
重量約31kg
エンジン種類空冷4サイクルガソリンエンジン
排気量98ml
出力1.6kW(2.2PS)
使用燃料無鉛ガソリン
燃料タンク容量1.0L
点火プラグTORCH:F7RTC / 互換品 NGK:BPR7ES
始動方式リコイルスターター式
対応面積~100坪
耕幅620mm
耕深200mm
爪径255mm
刃形ナタ爪
付属品スパナ(10/12mm)×1、スパナ(13/16mm)×1、プラグレンチ×1、結束バンド×4
原産国中国
スポンサーリンク

ナカトミ耕運機のアタッチメント

ERC-98DQのみではありますが、ナカトミ耕運機でもアタッチメントを装備することで、耕運以外にも以下の農作業を行えるようになります。なお、他社製品まで見渡すと、畝立て、除草、マルチ張り、播種、収穫、土壌消毒まで行える耕運機もあります。

グリーン培土器スーパー整地レーキU型中耕車輪
製品
できる作業野菜などの作物の株際に土を寄せます。土を平らに均すことができます。畝の間の土をほぐすことで農作物の生育を助ける中耕作業ができます。

まとめ

家庭菜園やガーデニングが本格的になり、園芸用品や農業資材(肥料、農薬、育苗トレーなど)まで使いこなすようになってくると、鍬(クワ)よりも強力な農機具として耕運機の必要性を感じるようになるかもしれません。ナカトミ耕運機は、ホビー用途からセミプロまで幅広く使える家庭用耕運機としての活躍が期待されます。

ナカトミ(NAKATOMI)とは、株式会社ナカトミのことです。長野県に本社を構えるメーカーで、冷房暖房器具、空気工具、エンジン商品、園芸商品などの産業機械を開発販売しています。

ドリームパワー(DREAM POWER)は、株式会社ナカトミと株式会社山善の共同ブランドで、ナカトミがメーカー機能、山善が流通販売機能を担当しています。耕運機をはじめとして、チェーンソー、オーガー、ヘッジトリマー、ブロワ、ポンプ、洗浄機、発電機といった家庭菜園やガーデニングで活躍する機械器具を展開しています。品質、安全性、機能性にこだわりながらも、低価格を実現しているブランドです。

なお、山善(YAMAZEN)は、DIY工具や家具などを扱う大手専門商社です。そのロゴ入りの商品は、ショッピングサイト、通販、ホームセンター(コメリ、カインズ、バロー、ダイユーエイト等)で広く流通しているので、見かけたことがある人も多いかもしれません。東京証券取引所の市場第一部(東証一部)に上場している会社という面からも、一定の安心感があります。

耕運機メーカーとしては、イセキ(ISEKI)、ホンダ(HONDA)、マキタ(makita)、リョービ(RYOBI)、オカネツ工業(OKANETSU)、高儀(TAKAGI)などもあります。これから耕運機を探すという人は、あわせてチェックしてみてもよいかもしれません。

この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web