ホンダ耕運機「プチな」を紹介

【画像】ホンダ耕運機プチな(ぷちな)の機体は、軽い質量ながら、しっかりと土壌に食い込むパワフルさと粉砕力をもつ耕うん機
耕うん機道具

畑を耕すための農業機械といえば、大型のトラクターを思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、耕運機テーラーを使えば、家庭菜園などの面積が小さい畑も便利に耕すことができます。耕運機やテーラーの使い勝手は、チェンソー、ヘッジトリマー、ブロワー、草刈機などの身近な農機具に近いです。

この記事では、ホンダ耕運機「プチな」を紹介します。

スポンサーリンク

「プチな」の概要

ホンダ耕運機の中では、最も軽量小型のコンパクトなモデルです。「プチな」という名称は、小さいことを表す「PETIT」と野菜など想起させる「菜」に由来しています。手軽に扱うことができるので、野菜づくりはもちろん、ガーデニングでの利用にもおすすめできる耕運機です。

「耕運」、「耕耘」、「耕うん」の違い

「耕運」は、正しくは「耕耘」と表記します。「耘」が常用漢字ではないため、「耕うん」と表記されることが多いです。ただし、新聞上では「耕運」と表記することが定められているため、一般には「耕運」と表記されることが普通となっています。

性能と機能

本体は小型ながら、最大耕幅や耕運爪径は比較的大きいため本格的に耕すことが可能です。持ち運びに配慮したキャリーハンドルとフロントガードが装備されているので、畑や圃場への移動もラクラクです。また、車での運搬も想定されているため、工具不要でハンドルを折りたたんでコンパクトに収納することができます。

使い勝手を高めるための細かな技術にも余念がありません。外爪を固定するボルト留め用ロックピンを取付方向問わず差せるR型形状とすることで、ピンの脱落を防止するとともに、外爪の脱着作業を容易にしています。このロックピンは抵抗棒を固定するボルト留め用にも採用されており、抵抗棒やアタッチメントの脱着がスムーズに行えます。また、長期保管や車載の際に、キャブレター内に残った燃料を工具無しで素早く簡単に抜くことができる手動式の「キャブドレンノブ」と「ドレンチューブ」が標準装備されており、メンテナンス作業も手軽に行えます。

なお、ホンダの耕運機は標準仕様が定まっていてシンプルなので、大変分かりやすいです。プチなFG201(JAT)という製品もありますが、これはローターが装着されていない仕様なので、購入時には注意が必要です。

プチな FG201(JT)
製品
【購入特典あり】ホンダ ミニ耕うん機 【プチな FG201 JT】 ガソリン式 [耕運機 耕耘機 農業機械 小型 家庭 耕うん機]
【菜園くらぶ】家庭菜園の専門店
型式名FAFJ
区分JT
動力源ガソリン
タイプ車軸ローター
全長×全幅×全高(mm)1055×485×990
重量(kg)18
最大出力(馬力)2.2
耕運幅(mm)450
対応面積目安(坪)~30
希望小売価格(税込)75,900円

エンジン

ホンダの祖業でもあり技術の根幹を成す、エンジンへのこだわりは耕運機においても同様です。プチなに採用されているGXV50Tの性能は、以下の通りです。

GXV50T
種類空冷4ストローク単気筒OHV
総排気量(cm3)49.4
連続定格出力/回転数(kW[PS]/rpm)1.1[1.5]/4,600
最大出力/回転数(kW[PS]/rpm)1.6[2.2]/7,000
使用燃料自動車用無鉛ガソリン
燃料タンク容量(L)0.35
点火方式トランジスタ式マグネト点火
始動方式リコイルスターター(手動)

燃料にガソリンを使用する耕運機は、パワフルに土を粉砕し、広い面積を耕すことができます。一方で、エンジンオイルの交換などメンテナンスや手入れをしなくてはいけない側面があります。また、ガソリンを入手するために、携行缶を持ってガソリンスタンドに行かなくてはいけないという煩わしさもあります。こうした手間を回避したい場合には、燃料にカセットガスを使用するガス耕運機を活用する方法もあります。状況や状態に応じて、検討してみてください。

スポンサーリンク

「プチな」の使い方

プチなの使い方を「操作方法」と「用途」に分けて紹介します。

操作方法

一般的な耕運機の操作方法は以下の通りですが、プチなの場合はさらにシンプルで簡単です。スロットルレバーを握るだけでクラッチがつながり前進し、放すと止まる簡単で安心な操作です(主クラッチ形式は遠心クラッチ、走行変速段数は前進1段のみです)。

内容
始動① 機体の安全点検を行う
② 主クラッチレバーと耕運クラッチレバーが「切」、変速レバーが「中立」になっていることを確認する
③ エンジンを始動させる(リコイルスタータの場合はロープを引き、セルスタータの場合はスイッチを使う)
発進① 変速レバーを希望の位置に入れる
② アクセルレバーを調整し、エンジンの回転を上げる
③ 主クラッチレバーを入れ、ゆっくりとクラッチをつなぎ発進
変速① 主クラッチレバーを切り、変速レバーを希望の位置に入れる
② 主クラッチレバーを入れ、ゆっくりとクラッチをつなぐ
旋回① エンジンの回転を下げ、速度を十分に落とす
② ハンドルをかるく持ち上げる
③ 曲がる側のかじとりクラッチレバーを握りながら、機体を旋回させる
停止① エンジンの回転を下げ、主クラッチレバーを「切」にする
② 変速レバーを「中立」にし、エンジンを停止させる

用途

別売の純正アタッチメントを装着することで、耕運だけでなく、畝立て、中耕培土、除草、整地など色々な農作業を行うことができます。別売の純正アタッチメントは、以下の通りです。なお、同じ製品名のアタッチメントであっても、異なるモデルの機体には対応していないものもありますので、注文前に品番をよく確認するようにしましょう。

パープル培土器グリーン培土器W(尾輪付)ニューイエロー培土器(尾輪付)培土車輪イエロースパイラル450スーパー整地レーキボディーカバー(ハーフサイズ)
(FV200・FG201・F220用)
ボディーカバー(フルカバー)
(FV200・FG201・F220用)
製品
ホンダ 管理機 アタッチメント 培土車輪 FG201
アグリズ楽天市場店
希望小売価格(税込)13,200円14,850円15,950円10,450円17,600円10,450円3,080円4,730円

まとめ

ホンダ(HONDA)は、「The Power of Dreams」をスローガンに掲げるテクノロジー企業です。ホンダのクルマやバイクは誰もが知るところですが、マリンやパワープロダクツも有名で、最近ではHondaJetも手掛けています。

「パワープロダクツ」分野の製品として、耕運機、芝刈機、草刈機、刈払機、除雪機、動力噴霧機(動力散布機)、高圧洗浄機、ブロワ、水ポンプといったものも展開しています。特に耕運機は、家庭菜園や小中規模園芸において、高いシェアをもつベストセラー製品です。

ホンダ耕運機の中で、最も軽量小型のコンパクトなモデルが「プチな」です。本体は小型ながら、最大耕幅や耕運爪径は比較的大きいため本格的に耕すことが可能です。持ち運びに配慮したキャリーハンドルとフロントガードが装備されているので、畑や圃場への移動もラクラクです。また、車での運搬も想定されているため、工具不要でハンドルを折りたたんでコンパクトに収納することができます。

使い勝手を高めるための細かな技術にも余念がありません。外爪を固定するボルト留め用ロックピンを取付方向問わず差せるR型形状とすることで、ピンの脱落を防止するとともに、外爪の脱着作業を容易にしています。このロックピンは抵抗棒を固定するボルト留め用にも採用されており、抵抗棒やアタッチメントの脱着がスムーズに行えます。また、工具を使わずにガソリン抜きができるホースも搭載されており、メンテナンス作業も手軽に行えます。

なお、ホンダには、以下の耕運機などもあります。ホンダの耕運機は、燃料の種類、ロータリーの位置、対応できる面積、対応できる作業などによって、それぞれに明確な特色があります。

  • ピアンタ FV200(JT2)
  • こまめ F220(JT)
  • こまめ F220(JAST)
  • パンチ F503(JH)
  • サ・ラ・ダCG FFV300
  • サ・ラ・ダ FF300(LT2)
  • サ・ラ・ダ FF500(LA)
  • ラッキーボーイ FU400
  • ラッキー FU655
  • ラッキー FU755(L)
  • 一輪管理機(FR316)
  • 汎用管理機(LH)

その他、代表的な耕運機メーカーとして、クボタ(KUBOTA)、ヤンマー(YANMAR)、イセキ(ISEKI)、マキタ(makita)、リョービ(RYOBI)、オーレック(OREC)などもあります。これから耕運機を探すという人は、あわせてチェックしてみてもよいかもしれません。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました