農家web防除暦サービスのバナーです。
ハーブ・葉菜類プランター栽培

手軽で簡単! エゴマのプランター栽培

当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

エゴマ栽培 ハーブ・葉菜類

エゴマの葉は、韓国料理でおなじみで焼肉を包んでたべたり、しょうゆ漬けにされたりします。家庭菜園初心者でも簡単に栽培でき、プランター栽培なら、必要な分だけ収穫しながら育てることができます。

ここでは、エゴマのプランター栽培について、タネまき、苗から始める手順や葉や実の収穫までの育て方について、わかりやすく説明します。

スポンサーリンク

エゴマの栽培について

エゴマの基礎知識

エゴマは、シソ科の一年草で日本でも古くから油をとるために栽培されてきました。ナタネ油やゴマ油の普及により栽培が減ってきましたが、近年、実からとれるエゴマ油に必須アミノ酸のα‐リノレン酸が多く含まれていることがわかり、注目されている健康食材です。

エゴマの葉は、シソよりも葉が大きく、繊維が固くにおいが強め。韓国料理のサムギョプサルや焼肉な、しょうゆ漬け、キムチなどの幅広い料理に使われます。

栽培はシソと同様に簡単で、苗から始めるのが簡単ですが、あまり流通していないのでタネまきから始めるのが一般的です。春に種子をまいて収穫しながら育てるので、夏の間収穫が楽しめます。丈夫で半日陰でも育てることができるので家庭菜園初心者の人でも作りやすい植物です。

作物名エゴマ(荏胡麻)
科目シソシソ
原産地東南アジア
発芽適温(地温)15℃~25℃
生育適温20℃~25℃
土壌酸度(pH)6.0~6.5
育てやすさ簡単、初心者でもOK

栽培時期

エゴマの栽培期間は、春に種まき、苗の植えつけをします。エゴマには中性種、晩生種があるので収穫は品種によって違いますが、葉は夏から秋にかけて収穫します。タネは秋に収穫します。

種まきからエゴマの葉の収穫までは約2か月、苗の植えつけからは約1か月ほどです。寒さに弱いのでプランターに直播するばあいには、十分に暖かくなってきてから種をまきましょう。(ポリポットなどで育苗する場合は、保温することにより植え付け時期の、1か月ほど早く種をまくこともできます)

地域播種(タネまき)時期植え付け時期収穫時期
寒冷地5月~6月中旬5月中旬~7月上旬6月下旬~10月
中間地4月中旬~6月中旬5月~7月中旬6月中旬~10月
暖地4月~6月4月下旬~7月6月中旬~10月

エゴマの種類(品種)

エゴマにはタネの色により白種(白エゴマ)、黒種(黒エゴマ)が一般的で、ピンク色のものもあります。黒種より白種のほうが搾油量が少ないといわれますが家庭菜園では、油は採取しないのでどちらでもよいでしょう。

また収穫した種は食べることもできます。そのままでも食べることができますが、ゴマのように煎ると香ばしさがまします。白種のほうが粒がおおきく、さっぱりしていて、黒種のほうが油分が多いのでつぶすと少しねっとりします。エゴマの葉を食べるのであれば、韓国種が、葉を食べるのに特化した品種がおおいようです。いろいろ育ててみるのがおすすめですが、エゴマはシソ科の植物と交雑しやすいので、近くには植えないようにしましょう。

エゴマ 【サカタのタネ】(7.5ml)野菜種/エゴマの種[春まき]923077
Hana Uta 米沢園芸 楽天市場店
¥ 198(2024/04/14 00:02時点)
スポンサーリンク

エゴマのプランター栽培の手順

種まきから始める

プランターに直に種をまく(直まき)方法はいくつかありますが、ここでは間引きの手間が少ない点まきの方法を説明します。エゴマの種子は好光種なので土は薄く被せましょう。

  1. プランターに、底が隠れる程度に鉢底石いれ、その上から、野菜専用培養土をプランターの上部2〜3cm程度のところまで敷き詰めます。
  2. 瓶の底や、500mlのペットボトルの底などを使い浅い、15cmほど間隔を空けて、植穴をつくります。
  3. 植穴に7~8粒で種をまき、土を軽くかぶせて手で軽く押さえます
  4. 水をたっぷり与えます。発芽するまでは濡れた新聞紙などをかけておくと乾燥を防ぎます。
  5. 双葉が開いたら3本、本葉2~3枚で2本、本葉5~6枚で1ヵ所に1本になるように間引きます。

苗から始める

市販の苗やポリポットなどで育苗した場合の、植えつけについて説明します。苗を選ぶときには、3本~4本仕立てで、節と節がつまって間延びしていない、しっかりした苗を選びましょう。ポット苗は根鉢を崩さずそのまま植えつけます。2つ以上植えつけるときには、株間は20cmほどとって、植えつけましょう。

  1. プランターに、底が隠れる程度に鉢底石いれ、その上から、野菜専用培養土をプランターの上部2〜3cm程度のところまで敷き詰めます。
  2. ポットより1周り大きめの穴を掘り、ポットから苗を取り出して植えつけます。
  3. 土を寄せて軽く押さえ、水を鉢底から透明な水がでるまで、たっぷり与えます。
  4. 苗が25cm以上になったら、生育のよい1本を残し後は、株元からハサミで切り取ります。
スポンサーリンク

エゴマのプランター栽培の育て方

容器・用土

プランターや鉢植えでエゴマを育てる場合は、少し深めの深さ20cm以上のものがよいでしょう。長さ60cm程度の標準プランターで2~3株、1株なら直径24cmほどの8号程度のものがよいでしょう。

エアープランター 600 テラコッタブラウン・ウォームベージュ アイリスオーヤマ
miui
¥ 891(2024/04/15 23:26時点)
テラコッタ E30 3点セット(6/8/10号鉢)【植木鉢 おしゃれな植木鉢 鉢 テラコッタ 素焼き鉢 陶器鉢】
植木鉢・テラコッタ専門店 バージ
¥ 3,960(2024/04/05 04:48時点)

用土は野菜の培養土が便利。元肥入りのものは肥料が入っているため追加で与える必要はありません。自分で配合する場合は、赤玉土6、腐葉土4などの配合がよいでしょう。元肥には、緩効性肥料を用土に混ぜて施します。

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用14L 〜 元肥マグァンプK入り培養土 3,300円以上送料無料
ガーデニングどっとコム
¥ 1,188(2024/03/26 14:41時点)
タキイ 花と野菜の土 20L 1~3袋セット 最高級園芸培養土 野菜の土 培養土 タキイ種苗 野菜 土 軽い 園芸 倍土 野菜 家庭菜園 ベランダ菜園 タキイの土 園芸用土 高級培養土 ガーデニング 送料込
Nicoco プランター菜園を楽しむ会
¥ 2,480(2024/03/29 13:59時点)

栽培環境・水やり

エゴマは日当たりの良い場所を好みますが、日に当たると葉が固くなったり、夏に直射日光にあたると葉焼けする可能性もあります。しかし長期間日陰に置くと、株が軟弱になったり、ヒョロヒョロと徒長することもあります。できれば明るい日陰で管理しましょう。葉が大きくやわらかくなります。

水分不足は、葉が固くなったりハダニアブラムシなどの害虫がつく原因にもなります。水やりは用土の表面が乾いたらたっぷり与えます。水切れしないよう、葉が大きくなってきたら基本は毎日、乾燥が続く夏は朝と晩2回行いましょう。

肥料

エゴマは肥料を吸収する力が強く、与えすぎると葉が茂りすぎてしまうため、地植えでは元肥だけで育てます。

プランター栽培の場合肥料は、元肥と追肥を行います。元肥とは植え付け時に施す肥料で、プランターなどでは、元肥入りの野菜の培養土などが便利です。肥料がはいっていない土や、自分で配合した場合は、緩効性肥料を土に混ぜて使います。

プランター栽培では、水やり時に肥料が流れてしまうので、葉色をみて薄くなるようなら液体肥料を与えましょう。野菜用の液肥がおすすめです。

ハイポネックス TopQuality 専用液肥 野菜 450ml 〜有機入り 野菜用液肥 液体肥料 原液〜
ガーデニングどっとコム
¥ 839(2024/03/25 18:43時点)
ベジフル液肥 480ml 住友化学園芸 おいしい野菜くだものをつくりたい 有機質入り 水でうすめる液体肥料
イーハナス楽天市場店
¥ 397(2024/04/22 00:43時点)

摘心・花芽つみ

草丈が30cmほどになったら、葉の収穫をかねて摘芯をおこないましょう。主茎の先端を摘みとると、わき芽がでて側枝になり、枝葉が増えて収穫量が増えます。

エゴマは花が咲くと葉が固くなります。葉の収穫が目的であれば、こまめに花芽を摘み取りましょう。

収穫

草丈が30~50cm、葉が10枚ほどになれば、エゴマの葉を収穫できます。大きくなった葉から順次収穫をしましょう。収穫に適している葉の大きさは10cm~15cmほどのものです。それより大きくなってしまったら光合成のためにとっておくとよいでしょう。

エゴマは背丈が高くなりすぎると、管理が大変なので摘心しながら収穫し大きくなりすぎないようにしましょう。また株が混みあうと病気にかかりやすいため、株が混みあってきたら枝からカットして風通しをよくします。

実の収穫は、9月に開花した花が落ちて、莢(さや)が茶色く変色しはじめたら。株ごと切り取って、1週間ほど風通しの良い場所で乾燥させてから、枝を叩いて取り出します。目の細かいふるいなどで、ごみや殻を取りのぞきましょう。

挿し木

エゴマは種から増やすのが一般的ですが、剪定した茎葉からもも増やすことができます。スーパーなどで売られている茎が少ししかないエゴマの葉は使えません。成長点がないので、それ以上大きくはなりませんのでエゴマを育てている知り合いから譲っていただくか、自分で育てたエゴマを使って挿し木を準備しましょう

  1. エゴマの先端から10㎝から15㎝の部分をカットします。一番上の葉だけ残して、あとはカットします。上の葉が大きいときは、蒸発を防ぐため、半分にカットします。一番下の切り口は斜めにスパッとかっとします。断面を広げることで、水を吸い上げやすくします。
  2. コップなどの透明な容器に、水をいれ1で準備したエゴマの茎葉を入れます
  3. 発芽するまで2~3日に1回に水は変えましょう。
  4. 1週間程度は明るい日陰で室内で管理しましょう。7日~10日程度で新しい根が生えてきます。
  5. 複数の根が10cmほどになったら、土に植え替えます。
  6. 小さめの鉢かポリポットに、土を入れ水をいれて湿らせます。そこに穴をあけて根が折れないように植えつけましょう。しばらくは室内で管理し新芽がでてきたら、通常の管理で育てます。

病害虫

エゴマは、アブラムシやハダニ、ヨトウムシ、ベニフキノメイガなどの害虫が付きやすいので注意が必要です。これらの虫が発生した時は、水を勢いよくかけて弾き飛ばす、粘着テープで除去する、また殺虫剤などの薬剤で駆除、防虫する方法があります。どちらにせよ、早く対応するに越したことはないので、葉っぱを観察して発見した時はすぐに捕殺するようにしましょう。

またエゴマの実は、小鳥の大好物なのでネットなどを被せて鳥害を防ぎましょう

病気は、さび病や斑点病にかかることがあります。病気をみつけたら早めに除去しましょう。斑点病は高温・多湿で起こりやすいため、梅雨時などは軒下などにいれ雨にあたらないようにし風通しの良い場所で管理するようにしましょう。混みあった株も原因になります。剪定して風通しをよくしましょう。

ベニカマイルドスプレーは、食品成分を使用した殺菌殺虫剤で様々な野菜やハーブ、果樹などで使えます。

ベニカマイルドスプレー 1000ml 野菜 花用 殺虫殺菌スプレー 【あす楽】
水耕栽培専門店のエコゲリラ
¥ 1,210(2024/04/05 17:14時点)

まとめ

エゴマの葉は、抗酸化作用を持つβ-カロテンやビタミンCなどを含む栄養価の高い野菜です。「食べると十年長生きできる」ともいわれ地方では「じゅうねん」という名でも呼ばれています。最近ではスーパーなどでも見かけるようになりましたが、大葉と比べると手に入れにくいので、肥料もあまりいらず栽培も簡単なので、ぜひ家庭菜園で育ててみてください。

編集さん
編集さん

この他にも、農家webにはプランター栽培の記事がたくさんあります。
育てたい野菜や果実の名前から、プランター栽培の記事が探せます

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

農薬販売届 受付番号:210-0099

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました