チェンソー作業時の防護服と保護具

チェンソー作業時の防護服と保護具の写真チェーンソー
チェーンソー道具

チェンソーは、農業、林業、造園業などにおいて使われる便利な農具(農林業機械)です。伐木、伐採、間伐、剪定、枝打ち、枝払い、薪づくりといった幅広い用途に対応します。強力な切断力がありますが、それゆえに防護服や保護具を正しく選び、着用することが求められます。

この記事では、チェンソー作業時の防護服と保護具について紹介します。

スポンサーリンク

これだけは押さえておきたい、防護服と保護具

チェンソーは、優れた切断力をもち非常に便利である反面、使い方を誤ると他の電動工具などと比べても危険な道具でもあります。死傷事故の件数は減少傾向にありますが、近年でも高止まりしている状況です。こうしたことを背景に、使用にあたっては防護服や保護具のガイドラインが示されており、次のような防護服と保護具に言及されています。

  • 下肢の保護衣(防護ズボンもしくはチャップス
  • 手袋(グローブ
  • 保護帽(ヘルメット
  • 保護網(フェイスガード、フェイスシールド、フェイスプロテクター、バイザー)
  • 防音保護具(イヤーマフ)
  • 安全靴(チェンソーブーツ)

特に、下肢の保護衣(防護ズボンもしくはチャップス)については、厚生労働省によって公布された改正労働安全衛生規則(安衛則)で、2019年8月より林業のみならず農業や造園業なども含めて全ての分野において、着用が義務化されています。「チャップスは最下部の留め具が足首に出来るだけ近いもの」といった要件があるほか、違反した場合には罰則があり、「事業者に対し、6ヵ月以下の懲役又は50万円以下の罰金刑」、「着用指示に従わなかった作業者に対し、50万円以下の罰金刑」が科せられます。ただし、対象となっているのは業務でチェンソーを使用する場合であり、私的にチェンソーを使用する場合(たとえば、庭木の処理やDIYなど)はこの限りではありません。

以下では、着用が義務化されている防護ズボンやチャップスに加え、着用することが望ましい手袋(グローブ)と保護帽(ヘルメット)について紹介します。これらは押さえておくようにしましょう。

「チェンソー」、「チェーンソー」、「チェーンソウ」の違い

「chainsaw」を日本語表記すると、「チェンソー」、「チェーンソー」、「チェーンソウ」などとなります。いずれも正しいのですが、メーカーや業界関係者の間では「チェンソー」の表記を用いることが多いです。一般社会においては、「チェーンソー」の表記も広く浸透しています。

スポンサーリンク

防護ズボン

チェンソー防護ズボンの写真

防護ズボンを選ぶ際には、厚生労働省が示す規格に適合もしくは準拠するものを選ばなくてはいけません。ここでいう規格には、JIS規格(日本産業規格)、ISO規格(国際標準化規格)、EN規格(欧州規格)、ASTM規格(米国規格)がありますが、具体的には、以下のいずれかに適合もしくは準拠する防護ズボンを選ぶ必要があります。なお、JIS規格は長らく「日本工業規格」とされてきましたが、2019年7月より現在の呼称に改められています。

  • JIS規格(日本産業規格):T8125-2
  • ISO規格(国際標準化規格):11393-2
  • EN規格(欧州規格):381-5
  • ASTM規格(米国規格):F1897

なお、国際基準では、チェンソーに対する切断防止機能をチェンスピードで分類しています。クラス(class)が高いほど、切断防止機能が高いことを表しています。クラスは製品概要などに記載されているほか、統一されたマークで生地にプリントされていることもあります。規格とあわせてクラスを参考に、製品選びをしてみてもよいでしょう。

  • class0≦チェンスピード16m/s
  • class1≦チェンスピード20m/s
  • class2≦チェンスピード24m/s
  • class3≦チェンスピード28m/s

これらに適合もしくは準拠する主な防護ズボンには、次のようなものがあります。チャップスでは、薄暗い環境でも視認性を高める目的もあり、カラーには鮮やかなオレンジ色が採用されていることが多いです。一方、防護ズボンでは、作業現場から離れても違和感のないカラー(迷彩色など)が採用されていることも特徴です。

ハスクバーナ(Husqvarna)

大手チェンソーメーカーのハスクバーナ(Husqvarna)では、使用頻度や耐久性に応じて多彩な防護ズボンが用意されています。たとえば、サスペンダーの着脱ができる「テクニカルエクストリーム アーボ」、吊りズボンタイプの「プロテクトズボンTⅡツリー7」、膝部をプロテクションで補強することで丈夫で摩耗にも強くした「プロテクティブズボンF-Ⅱ」などがあります。なお、チャップスには、「チャップスⅡクラシック」や「チャップスⅡファンクショナル」などがあります。海外製ということもあり、同じサイズでも日本製と比べて大きめの印象があります。購入者のレビューなども参考にサイズを決めるとよいかもしれません。

共立(KIORITZ)

共立(KIORITZ)は、株式会社やまびこのもつ製品ブランドのひとつです。したがって、姉妹ブランドである新ダイワ(shindaiwa)でも同じ型を取り扱っています。純正品に加え、モンベルとのコラボによる防護ズボンも取り扱っています。なお、やまびこという社名は、山の神様である「山彦」に由来しており、チェンソーや刈払機を主力製品とする会社として、山林の発展を願って名付けられています。

【共立】 純正 チェンソー用 防護ズボン Mサイズ
アグリズ楽天市場店

オレゴン(OREGON)

オレゴン(OREGON)は、世界首位級のソーチェンブランドです。ソーチェンとしては、スチール(STIHL)やハスクバーナ(Husqvarna)製品などもありますが、特に日本のチェンソーメーカーにおいてはオレゴン製品が圧倒的なシェアとなっています。オレゴンの防護ズボン「ユーコン」や「フィヨルドランド」は、耐熱および耐油仕様となっていますので、たとえばチェンオイルの飛散による汚れが原因で生地が破けるということも少ないはずです。

杣(SOMA)

杣(SOMA)は、和光商事(WAKO TRADE CO.LTD.)が展開する林業アイテムブランドです。日本人企画による日本人のための林業家製品を標榜し、あらゆる条件下においても最大限のパフォーマンスを発揮するための製品を開発することを目指しています。特に「エコノミカル」という防護ズボンは安価ながら、軽量性と防水性を実現し、さらにブーツや足袋だけでなく長靴にも対応できる優れものです。

杣 防護 ズボン エコノミカル T001G-M Mサイズ 安全 ガード 脚 絆 チェンソー 用 防護 パンツ 林業 園芸 作業 作業服 WAKO D
プラスワイズ建築店

プラウ(PLOW)

プラウ(PLOW)は、ホンダウォークが運営する農機具の実店舗およびオンラインストアであり、同時にブランド名でもあります。防護ズボンでもオリジナルブランド製品があり、伸縮性のあるストレッチ素材で動きやすく快適というファンクショナルな製品に仕上がっています。

マックス(MAX)

マックス(MAX)は、香川県を本社とする手袋メーカーです。同時に、林材業用品ブランドとしてマックグリーン(MUC GREEN)を展開しており、海外製が主流だった頃から自社製の防護ズボンを手掛けてきました。マックグリーン(MUC GREEN)製品のひとつとして、「Mr.FOREST」という防護ズボンがあり、EN規格(欧州規格)のclass1に適合しています。

サムライレジェンド(SAMURAI LEGEND)

サムライレジェンド(SAMURAI LEGEND)は、ハリマ興産のオリジナルブランドです。サムライレジェンドの防護ズボンには、高耐久性のCORDURA生地を使用されています。性能だけでなく、工具類の入るサイドポケットなど機能も充実しています。マットブラックと迷彩色があるなどデザイン性にも優れます。

チャップス

チェンソーチャップスの写真

チャップスを選ぶ際には、厚生労働省が示す規格に適合もしくは準拠するものを選ばなくてはいけません。ここでいう規格には、JIS規格(日本産業規格)、ISO規格(国際標準化規格)、EN規格(欧州規格)、ASTM規格(米国規格)がありますが、具体的には、以下のいずれかに適合もしくは準拠するチャップスを選ぶ必要があります。なお、JIS規格は長らく「日本工業規格」とされてきましたが、2019年7月より現在の呼称に改められています。

  • JIS規格(日本産業規格):T8125-2
  • ISO規格(国際標準化規格):11393-2
  • EN規格(欧州規格):381-5
  • ASTM規格(米国規格):F1897

なお、国際基準では、チェンソーに対する切断防止機能をチェンスピードで分類しています。クラス(class)が高いほど、切断防止機能が高いことを表しています。クラスは製品概要などに記載されているほか、統一されたマークで生地にプリントされていることもあります。規格とあわせてクラスを参考に、製品選びをしてみてもよいでしょう。

  • class0≦チェンスピード16m/s
  • class1≦チェンスピード20m/s
  • class2≦チェンスピード24m/s
  • class3≦チェンスピード28m/s

これらに適合もしくは準拠する主なチャップスには、次のようなものがあります。薄暗い環境でも視認性を高める目的もあり、カラーには鮮やかなオレンジ色が採用されていることが多いです。

ハスクバーナ(Husqvarna)

大手チェンソーメーカーのハスクバーナ(Husqvarna)では、「チャップスⅡクラシック」や「チャップスⅡファンクショナル」などを取り揃えています。バックルのほか、脚部にジッパーが採用されているので、脱着も簡単です。

エコー(ECHO)

エコー(ECHO)は、株式会社やまびこのもつ製品ブランドのひとつです。したがって、姉妹ブランドである共立(KIORITZ)や新ダイワ(shindaiwa)でも同じロゴマークの入ったチャップスを取り扱っています。製品カタログでは、チャップスを「脚カバー」と表記して掲載しています。

杣(SOMA)

杣(SOMA)は、和光商事(WAKO TRADE CO.LTD.)が展開する林業アイテムブランドです。日本人企画による日本人のための林業家製品を標榜し、あらゆる条件下においても最大限のパフォーマンスを発揮するための製品を開発することを目指しています。780gの軽量チャップスや紺色のチャップスなど珍しい製品を取り揃えています。

WAKO 杣SOMA チェンソー防護用チャップス (軽量モデル) T004B クラス1(20m/s)【在庫有り】
セミプロDIY店ファースト

プラウ(PLOW)

プラウ(PLOW)は、ホンダウォークが運営する農機具の実店舗およびオンラインストアであり、同時にブランド名でもあります。チャップスでもオリジナルブランド製品があり、ストレッチ素材で動きやすく快適というのが特長となっています。また、そのチャップスに加えて、レッグチャップス(leg chaps)、アームチャップス(arm chaps)、グローブ(gloves)もついたお得なチャップスセットも販売されています。

オレゴン(OREGON)

オレゴン(OREGON)は、世界首位級のソーチェンブランドです。ソーチェンとしては、スチール(STIHL)やハスクバーナ(Husqvarna)製品などもありますが、特に日本のチェンソーメーカーにおいてはオレゴン製品が圧倒的なシェアとなっています。オレゴンのチャップスは、耐水および耐油仕様となっているため、洗濯機や乾燥機を利用することができます。ハイコーキ(Hikoki)などでも同一のチャップスを販売しています。

むとひろ(MUTOHIRO)

むとひろ(MUTOHIRO)は、ソーチェンなどを中心としたインターネット通販専門店です。ソーチェンの充実したラインナップは目を見張るものがありますが、その他にも、目立て用品、工具、携行缶、刈払機や草刈機用の部品まで取り揃えています。「軽量プロテクティブチャップス」はオリジナルブランドの製品となっており、身長170cm丈の日本人男性の股下にフィットする設計になっています。

むとひろ 軽量プロテクティブ チャップス チェーンソー作業用 防護用 切断防止 法定規格適合 欧州安全規格 EN381-5適合 Class1認証(日本工業規格 JIS T8125相当) 米国安全規格 ASTM F1897適合
ソーチェン問屋むとひろ

マックス(MAX)

マックス(MAX)は、香川県を本社とする手袋メーカーです。同時に、林材業用品ブランドとしてマックグリーン(MUC GREEN)を展開しており、海外製が主流だった頃から自社製のチャップスを手掛けてきました。マックグリーン(MUC GREEN)製品のひとつとして、「Mr.FOREST」というチャップスがあり、EN規格(欧州規格)のclass1に適合しています。

マックス MAX マックス Mr.FOREST 防護チャップス オレンジ Mサイズ
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

サムライレジェンド(SAMURAI LEGEND)

サムライレジェンド(SAMURAI LEGEND)は、ハリマ興産のオリジナルブランドです。サムライレジェンドのチャップスには、Prolarという特殊な繊維を特別な方法で縫い合わせた防護パッドが組み込まれています。これにより、快適な着け心地を確保しつつ、最高クラスの対切削性能を発揮します。

手袋(グローブ)

チェンソー手袋の写真

チェンソーメーカーが開発販売しているチェンソー作業用手袋は、必要な規格を満たしていて使い勝手もよいことが多いです。主なおすすめ品として、次のようなものがあります。

ハスクバーナ(Husqvarna)

大手チェンソーメーカーのハスクバーナ(Husqvarna)では、「プロテクティブグローブ テクニカル」、「グローブ テクニカル ライト」、「グローブ ファンクショナル」、「グローブ クラシック ライト」、「グローブ ファンクショナル 冬用」といった専用手袋が用意されています。「プロテクティブグローブ テクニカル」では親指部分にテリー織布を使うことで顔をぬぐえる仕様になっていたり、「グローブ ファンクショナル 冬用」では裏地にマイクロフリースが使われていたりと、チェンソー作業を想定した専門性の高い製品になっています。

共立(KIORITZ)

共立(KIORITZ)は、株式会社やまびこのもつ製品ブランドのひとつです。したがって、姉妹ブランドである新ダイワ(shindaiwa)でも同じ型を取り扱っています。共立および新ダイワの「切創防止グローブ」では、切創事故の多い左手甲をガードするためclass1に準拠する防護材が内蔵されています。また、「振動低減手袋」は、防振機能とともにフィット感が高められています。

オレゴン(OREGON)

オレゴン(OREGON)は、世界首位級のソーチェンブランドです。ソーチェンとしては、スチール(STIHL)やハスクバーナ(Husqvarna)製品などもありますが、特に日本のチェンソーメーカーにおいてはオレゴン製品が圧倒的なシェアとなっています。

オレゴンの「アクティブ グローブ」は、丈夫な牛革を素材としているため防刃機能と防振機能を有し、長時間の作業やアウトドアの場面でも活躍します。「プロテクティブ グローブ」は、伸縮性のある繊維素材と高品質レザーを組み合わせることで、class0の防刃機能と防寒性をもたせています。革製で手首はマジックテープ留めの「ワーキング グローブ」は、グリップ力や通気性が高く、刈払機、草苅機、芝刈機、ヘッジトリマーなどでの利用が想定されます。

杣(SOMA)

杣(SOMA)は、和光商事(WAKO TRADE CO.LTD.)が展開する林業アイテムブランドです。日本人企画による日本人のための林業家製品を標榜し、あらゆる条件下においても最大限のパフォーマンスを発揮するための製品を開発することを目指しています。「杣 チェンソー防護用 グローブ」は、左手に10層の防護アラミド繊維を内蔵することで防刃機能、防振パットを採用することで防振機能をもたせています。軽量化と通気性にもこだわっています。

杣 (SOMA) チェンソー防護用グローブ (防振低減機能付) [サイズM] KM1509501-WM WAKO 防護用手袋 和光商事 D 送料無料
プラスワイズ業者用専門店

サムライレジェンド(SAMURAI LEGEND)

サムライレジェンド(SAMURAI LEGEND)は、ハリマ興産のオリジナルブランドです。「サムライレジェンド 減振デラックス」は、指と掌部に減振パットを配置しており、チェンソーや草刈り作業にも適しています(掌部素材は人工皮革、甲部素材はポリエステルです)。「サムライエルベックス チェンソー防護用手袋」は、プレミアムグレード牛皮革を使用することで高いグリップ力と耐久性を実現しています(左手甲には切削防護用の特殊繊維が埋め込まれており、防刃機能があります)。

マックス(MAX)

マックス(MAX)は、香川県を本社とする手袋メーカーです。林材業用品ブランドとしてマックグリーン(MUC GREEN)を展開しており、チェンソー作業用手袋の取り扱いも数多くあります。

チェンソー作業用防振手袋「森の定番」シリーズでは、防振機能はもちろん、防刃機能もあわせもつ製品が展開されています(左手親指と人差し指には、高強力繊維ザイロンが使用されています)。寒冷地仕様のほか、視認性を高めるためのオレンジ色、蜂対策カラーなど専門性の高い製品があります。振動軽減手袋「快振くん」シリーズでは、天然皮革のほか、ナイロン、ポリウレタン、ポリエステルなど様々な製品があります。ナックル(指先)が出る珍しい型もあります。

■マックス 森の定番 防振手袋(寒冷地仕様) オレンジ LLサイズ[品番:MT856ORLL][TR-8365423]
セミプロDIY店ファースト

プラウ(PLOW)

プラウ(PLOW)は、ホンダウォークが運営する農機具の実店舗およびオンラインストアであり、同時にブランド名でもあります。プラウチェンソー関連製品として、グローブ(手袋)、チャップス(下肢保護衣)、アームチャップス(腕保護衣)、レッグチャップス(脚絆)などがあります。グローブは、防刃機能と防振機能の両方を有しています。

PLOW チェンソー用 グローブ 切断防止 国際基準クラス1 20m/s PH-GRCH 【 Mサイズ PH-GRCH-M 】【 Lサイズ PH-GRCH-L 】[ チャップス チャプス 手袋 ] 防護用グローブ
プラウ 楽天市場店

マウント・スミ(Mt.SUMI)

マウント・スミ(Mt.SUMI)は、京都府のアウトドアメーカーです。薪ストーブなども取り扱っていますが、チェンソー用品としては、手袋のほか、防護ズボン、チャップス、ヘルメットも取り揃えています。「チェンソー作業用グローブ PUレザー」および「チェンソー作業用グローブ 本革レザー」は、左手甲にclass1のソーチェン防護繊維が採用されていることによる防刃機能、強力滑り止めグリップ、高耐久性などが特長になっています。

『チェンソー 作業用 グローブ』 チェーンソー 作業手袋 防護 手袋 防護グローブ 作業用手袋 耐久性 滑り止め グリップ カラフル おしゃれ オレンジ 林業 PUレザー 安全
アウトドア&ライフ マウントスミ

その他

その他よく見かけるチェンソー作業用手袋として、丸五の「防振万年」、富士グローブの「ダンシング」、アトムの「しんげんくん」などがあります。

アトム しんげんくん Lサイズ 1130 4970181118329
スーパーメガホームセンター ejoy

保護帽(ヘルメット)

チェンソーヘルメットの写真

チェンソーメーカーなどが開発販売しているヘルメットは、チェンソー作業に必要な規格を満たしていることがほとんどなので選定が簡単です。また、適切な保護網(フェイスガード、フェイスシールド、フェイスプロテクター、バイザー)、防音保護具(イヤーマフ)、アゴヒモなど一式がセットになっている製品もあるので便利で、安心して使うことができます。

ハスクバーナ(Husqvarna)

大手チェンソーメーカーのハスクバーナ(Husqvarna)では、「フォレストヘルメット ファンクショナル」や「ヘルメットテクニカル」といった製品があります。「フォレストヘルメット ファンクショナル」は、価格も比較的手頃で、ひさし、バイザー、イヤーマフ、アゴヒモなどチェンソー作業時に必要な装備一式が完備されています。上位モデルの「ヘルメットテクニカル」は、片手で簡単にフィット感を調整できるダイヤル式の高機能軽量ヘルメットです。水が浸入してさびることを防止するため、頭部のベンチレーションにはさびにくい金属であるステンレスが採用されています。

共立(KIORITZ)

共立(KIORITZ)は、株式会社やまびこのもつ製品ブランドのひとつです。したがって、姉妹ブランドである新ダイワ(shindaiwa)でも同じ型を取り扱っています。共立および新ダイワの「マルチセーフティーヘルメット」は、アジャスターダイヤルで簡単にサイズ合わせできる仕様になっています。加えて、「飛来・落下物用」、「墜落時保護用」、「電気用」のいずれの区分にも合格している数少ない専用ヘルメットです。

オレゴン(OREGON)

オレゴン(OREGON)は、世界首位級のソーチェンブランドです。ソーチェンとしては、スチール(STIHL)やハスクバーナ(Husqvarna)製品などもありますが、特に日本のチェンソーメーカーにおいてはオレゴン製品が圧倒的なシェアとなっています。オレゴンの「高性能ヘルメット」には、衝撃や紫外線にも強いABS樹脂が採用されています。内側のスウェットバンドが汗を吸収するとともに、20か所の通気孔が熱気を逃がすため蒸れることなく快適を保ちます(スウェットバンドは取り外して丸洗いもできます)。さらに、開閉も簡単なステンレス製のメッシュバイザーが顔面を保護、クッション性の高いイヤーマフは27dBまで遮音します。

杣(SOMA)

杣(SOMA)は、和光商事(WAKO TRADE CO.LTD.)が展開する林業アイテムブランドです。日本人企画による日本人のための林業家製品を標榜し、あらゆる条件下においても最大限のパフォーマンスを発揮するための製品を開発することを目指しています。杣の「安全ヘルメット スタンダード」は、「飛来・落下物用」と「墜落時保護用」の両方の区分に合格しています。アジャスターダイヤルのヘッドバンドに、メッシュバイザーとイヤーマフも付いたコストパフォーマンスの高いヘルメットです。薄暗い山林の中で視認性を高めるために、蛍光オレンジ色などが採用されることが多い保護用品(チャップス、防護ズボン、防護手袋など)にあって、カーボンカラーが採用されています。

トーヨーセフティー(TOYO SAFETY)

トーヨーセフティー(TOYO SAFETY)は、ヘルメットをはじめとする防護具(防災面、帽子取付け用メガネなど)のメーカーです。製品の製造元である東洋物産工業から、販売部門が分社するかたちで創業し現在も主に販売を担当しています。トーヨーセフティーの「アンボプロテクター」は、ステンレス製メッシュシールド以外に、ナイロン製メッシュシールド、PET透明シールドなどを装着したタイプのバリエーションがあります(アンボプロテクター部品としてパーツ購入して交換することもできます)。もちろんイヤーマフ(イヤーマッフル)やネックガードを装着することもできます。チェンソー作業のほか、草刈り作業にも推奨されているヘルメットです。

ファナー(PFANNER)

ファナー(PFANNER)は、オーストリア発の世界的な安全防護服メーカーです。ヘルメットのほかに、チェンソー防護ズボン、アウトドア服なども展開しています。ファナーのヘルメットのうち、とりわけ有名なのが「プロトス」です。しっかりと頭を包み込むような構造になっており、まさに防具といった外観です。しかしながら、視界を邪魔することはなく、枝などの障害物に引っかかることもありません。ヘルメット本体だけでなく、イヤーマフやフェイスシールドなどへのこだわりもすさまじく、頭部としっかり密着するよう調節することが可能です。

カスク(KASK)

カスク(KASK)は、イタリアを拠点とするヘルメット専門のメーカーです。自転車、登山、クライミング、レスキュー、建設現場といった様々な分野で、品質とデザイン性を両立したヘルメットを開発しています。特に、チェンソーや草刈り作業用としては、「ゼニス」が有名です。

その他

その他よく見かけるチェンソー作業用ヘルメットとして、マウント・スミ(Mt.SUMI)の「フォレストヘルメット」、むとひろ(MUTOHIRO)の「林業用ヘルメット あご紐付」、バトラー樹脂工業の「完全ガードヘルメット HR-1」などがあります。

フォレストヘルメット
アウトドア&ライフ マウントスミ
むとひろ 林業用ヘルメット あご紐(ゴム製)付 チェーンソー 刈払機 作業用 欧米安全規格適合品
ソーチェン問屋むとひろ

まとめ

チェンソーは、農業、林業、造園業などにおいて使われる便利な農具(農林業機械)です。伐木、伐採、間伐、剪定、枝打ち、枝払い、薪づくりといった幅広い用途に対応します。強力な切断力がありますが、それゆえに防護服や保護具を正しく選び、着用することが求められます。

2019年8月より、チェンソーを業務で使用する場合には、下肢の保護衣(チャップスや防護ズボン)を着用することが義務化されています。マキタ(makita)やゼノア(ZENOAH)などのチェンソーメーカーからは、下肢の保護衣と同様に、アラミドなどの特殊繊維入りのフォレストジャケットも販売されていますので安全のために着用を検討してみるとよいでしょう。また、さらに安全性を高めるためにも、チェンソーのメンテナンス(目立て、チェンオイル、部品の確認)や道具の準備(ハーネス、ロガー、クサビ)なども欠かさず行うようにしましょう。

一方、草刈機、刈払機、芝刈機、耕うん機、高圧洗浄機、ヘッジトリマー、バリカン、ブロワなどを用いた他の農作業では、義務付けられた服装(ワークウェア)はありません。しかし、チェンソーに限らず、農作業はいつでも危険と隣り合わせです。服装(ワークウェア)には気を配り、必要に応じて防具を身に着けるなど細心の注意を払うようにしましょう。特に、草刈りは危険な作業として知られています。専用エプロンを着用するなどして、安全な作業に努めましょう。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました