竹切り用チェンソーを使った竹伐採について解説

生い茂る竹の写真チェーンソー
チェーンソー道具

山林に生い茂ったを鋸(ノコギリ)や鉈(ナタ)で伐採するのは、大変な作業です。少しでも楽をするためにも、ぜひ竹切り用チェンソーを使ってみましょう。

この記事では、竹切り用チェンソーを使った竹伐採について解説します。

スポンサーリンク

竹切り用チェンソーとは?

竹切り用チェンソーとは、その名の通り竹を切ることに特化した専用のチェンソーです。一般的なチェンソーとの違いは、ソーチェーンがフルカッタータイプであること、ガイドバーがカービングバーであること、ハンドルがトップハンドル(トップハンドルソー)であることなどの特徴を備え、竹を切ることに特化させている点です。

一般的なチェンソーでも竹は問題なく切れますが、ソーチェーンを押し当てた瞬間に竹がしなるため切り進みにくかったり、切断面が毛羽立ってしまったりということが起きます。一方、竹切り用チェンソーであれば使い勝手よく利用することができます。その背景には、フルカッターのソーチェーンでは硬い竹の繊維であってもよく切れること、竹は密集して植生するため小回りの利くチェンソーが便利であることなどがあります。竹切り用チェンソーが必要かは、以下の順に考え、検討してみるとよいでしょう。

  1. 竹を切る頻度が少ない場合、一般的なチェンソーの利用でも構いません
  2. 竹を切る頻度が中程度の場合、ソーチェーン(替刃)を竹用のフルカッタータイプに交換するとよいです
  3. 竹を切る頻度が多い場合、竹切り用チェンソーを入手するとよいです

竹切り用チェンソーは比較的安価ながら便利なので、竹を切る頻度が多い場合には購入を検討してみるとよいかもしれません。なお、竹切り用チェンソーで、竹以外の樹木を切ることも問題なくできますが、フルカッターは高価かつ目立ての手間が2倍になることもあり、竹伐採以外の用途で使用する人は少ないです。

「チェンソー」、「チェーンソー」、「チェーンソウ」の違い

「chainsaw」を日本語表記すると、「チェンソー」、「チェーンソー」、「チェーンソウ」などとなります。いずれも正しいのですが、メーカーや業界関係者の間では「チェンソー」の表記を用いることが多いです。一般社会においては、「チェーンソー」の表記も広く浸透しています。

スポンサーリンク

竹切り用チェンソーの選び方

繰り返しになりますが、すでにチェンソーを所有している場合には、後述する竹用のソーチェーン(替刃)を購入して交換することをおすすめします。購入や交換も簡単で、費用が抑えられる点がメリットです。

一方、チェンソーを所有していなかったり、チェンソーを所有していても竹を切る頻度が多い場合には、竹切り用チェンソーを購入することもおすすめです。ここでは、竹切り用チェンソーを購入する場合の選び方とおすすめ製品を紹介します。

竹切り用チェンソーは、それほど多くの種類があるわけではありません。以下のように、「エンジン式」と「充電式」のチェンソーに分けて検討してみるとよいでしょう。

エンジン式

エンジンを動力とするエンジンチェンソーの中で、おすすめの竹切り用チェンソーは、ハイガー産業(HAIGE)の「HG-TM32600」です。25cc(1.3馬力)の2サイクルエンジンが搭載されおり、切れ味もパワフルです。フルカッターのソーチェーン、カービングバー、トップハンドルが採用されるなど工夫と改良が重ねられている竹切り専用チェンソーです。

ハイガー産業(HAIGE)は、農業機械を含む産業機械の開発販売を行うメーカーです。群馬県に本社を構え、中国の工場で製造した高品質な製品をリーズナブルな価格で販売することを標榜しています。安かろう悪かろうとも評されがちなMedeInChinaの製品を会社一丸の努力によって高い品質まで向上させてきました。

また、当社の成長の要因のひとつになったのがDtoCというビジネスモデルです。DtoCとはDirect to Consumerの略で、卸売などの中間業者を介さずにメーカーが消費者と直接取引を行うビジネスモデルです。ハイガー産業の場合は、自社オンラインショップや大手通販サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなど)を通じて製品を販売しています。

こうした努力やビジネスモデルの結果、安価ながらコストパフォーマンスの高い製品を展開することに成功しています。

ハイガー産業が開発販売する産業機械
  • トレーニング用品(フィットネスバイク、スピンバイク、ダンベル、腹筋ローラー、エクササイズチューブ、ロープトレーナー、懸垂マシン、フラフープ、フラットベンチ、フェイスタオル)
  • 農業機械(散布機、背負式動力噴霧器、草刈り機、刈払機、耕運機、高速給油タンク)
  • 産業機械・DIY用品(溶接機、コンプレッサー、掃除機、インバーター発電機、ポータブル電源、高圧洗浄機、除雪機、雪掻きスコップ、ポンプ、手押しスイーパー、プラスチック携行缶、工具・ガレッジ用品、汎用エンジン)
  • ガーデニング用品(チェンソー、粉砕機・ペレット製造機、ウッドチッパー、ブロワーバキューム、芝刈り機、薪割り機、ヘッジトリマー、生垣バリカン、パワーワークス充電式園芸機械)
  • 建築・土木機械(アースオーガ、ドリル、プレートコンパクター、トロウェル)
  • レジャー・アウトドア用品(エレキモーター、ボート、船外機、キャリーカート、ボード)
  • 生活補助器具(シニアカー)
  • 家庭用品(かき氷機、収納棚、コンテナラック、ステンレスランドリーラック)

充電式

バッテリーを搭載する充電式の電動チェンソーもコードレスなので、竹林の中で容易に取り回すことができ便利です。動力がエンジンではなくモーターのため、始動も楽で、騒音も小さいです。さらに、排気ガスがなく環境に対してクリーンというメリットもあります。一方で、充電切れに注意しなくてはいけなかったり、切れ味で劣ったりというデメリットがあります。

マキタ(makita)

マキタの充電式の電動チェンソーでは、ソーチェーンをフルカッタータイプに交換して、竹切り用チェンソーとして利用できます。ソーチェーンをフルカッタータイプに交換できればどの機種でも問題ありませんが、中でもおすすめなのが「MUC254CDGR」です。ガイドバーの長さも250mm(10インチ)と丁度よく、カービングバーが標準装備されており、本体質量も3.1kgと軽い点などが、竹切り用チェンソーに適しています。

【マキタ】 MUC254CDGR 充電式チェンソー チェーンソー 【10インチ(25cm)ガイドバー】 【25AP仕様】
アグリズ楽天市場店

リョービ(RYOBI)

リョービでは、充電式の電動チェンソーのほかに、レシプロソーを使って竹を伐採する方法も提案しています。チェンソーほどのパワフルな切れ味はありませんが、竹を切るには十分なハイパワーで、直径14cmの孟宗竹であっても素早く切断します。また、竹林のような密集した環境下で軽量かつ軽快に活躍できます。刃を替えることで、雑木の伐採、果樹や枝の剪定、金物資材の切削などにも使えます。

竹用の替刃

現実的には、ソーチェーンで世界No.1ブランドとされているオレゴン(OREGON)の竹用の替刃を利用することが圧倒的に多いはずです。オレゴンのソーチェーンは、日本の主要なチェンソーメーカーやチェンソーブランドほぼ全てで採用されています(マキタ、リョービ、共立、新ダイワ、丸山、ハイコーキ、タナカ、ハイガー、ゼノア、シングウなど)。また、海外チェンソーメーカーであるスチールとハスクバーナでは、純正のソーチェーンが採用されていますが、オレゴンのソーチェーンとも互換性があります。

オレゴンのソーチェーンは、品番の表し方にルールがあります。つまり品番を見れば、ソーチェーンの形状であったり、長さであったりがわかるようになっています。たとえば、品番「25F60E」や「91F52E」のように、前半部分が25Fもしくは91Fになっているものが竹用のソーチェーン(フルカッター)です。

ソーチェーンのサイズ(ピッチとゲージ)を図示するイラスト
  • 品番の前半部分にある数字は、ソーチェーンのサイズ(ピッチとゲージ)を表しています。
ドライブリンク刻印番号111618202122252627585968727375909195
ピッチ3/4″.404″.404″.325″.325″.325″1/4″.404″.404″.404″.404″.404″3/8″3/8″3/8″3/8″3/8″.325″
ゲージ.122″
3.1mm
.063″
1.6mm
.080″
2.0mm
.050″
1.3mm
.058″
1.5mm
.063″
1.6mm
.050″
1.3mm
.058″
1.5mm
.063″
1.6mm
.058″
1.5mm
.063″
1.6mm
.063″
1.6mm
.050″
1.3mm
.058″
1.5mm
.063″
1.6mm
.043″
1.1mm
.050″
1.3mm
.050″
1.3mm
  • 同じように、品番の前半部分にあるアルファベットは、カッターのタイプと特性を表しています。
ソーチェーンタイプAAXAPBCBPXCJCJXCKCKXCLCLXCPDPFHHXHJXJJGXJPXJXLLGXLPXLXMRRARDPSPXSSGSLVGVPXVXVXL
カッターのタイプと特性マイクロチゼルカッター
25A:標準
27A:スキップ
マイクロチゼルカッター
スキップ
25AP:マイクロチゼルカッター
バンパードライブリンク、標準
72AP:セミチゼルカッター
スキップ
チッパーカッター
標準(11BCのみ)
低振動マイクロチゼルカッター
バンパードライブリンク、標準
チゼルカッター(スクエア)
山型デプスゲージ、スキップ
デュラプロチゼルカッター(スクエア)
山型デプスゲージ、スキップ
チゼルカッター(スクエア)
山型デプスゲージ、セミスキップ
デュラプロチゼルカッター(スクエア)
山型デプスゲージ、セミスキップ
チゼルカッター(スクエア)
山型デプスゲージ、標準
デュラプロチゼルカッター(スクエア)
山型デプスゲージ、標準
チッパーカッター
バンパードライブリンク、標準
セミチゼルカッター
バンパードライブリンク、標準
マイクロチゼル、フルカッタ―ハーベスター
標準
ハーベスター
標準、アサリが大きいタイプ
ハーベスター
スキップ、アサリが大きいタイプ
チゼルカッター
山型デプスゲージ、スキップ
チゼルカッター
山型デプスゲージ、スキップ
チゼルカッター
バンパードライブリンク、スキップ
チゼルカッター
標準
チゼルカッター
標準(.404″ 58L&59L)
チゼルカッター
山型デプスゲージ、標準
低振動チゼルカッター
バンパードライブリンク、標準
チゼルカッター
山型デプスゲージ、標準
マルチカット縦挽きチェーン、マイクロチゼルカッター縦挽きチェーン、マイクロチゼルカッター縦挽きチェーン、セミチゼルカッター
標準
パワーシャープチェーン
山型デプスゲージ、ガイダンスドライブリンク
標準(自動目立て)
低振動シャンファーチゼルカッター
山型デプスゲージ、バンパードライブリンク
標準
低振動シャンファーチゼルカッター
山型デプスゲージ、標準
低振動シャンファーチゼルカッター
山型デプスゲージ、バンパータイストラップ
標準、アサリの狭いデザイン
チゼルカッター
山型デプスゲージ、バンパータイストラップ
標準
低振動シャンファーチゼルカッター
山型デプスゲージ、バンパータイストラップ
標準
低振動マイクロチゼルカッター
山型デプスゲージ、バンパードライブリンク
アサリの狭いデザイン
低振動シャンファーチゼルカッター
山型デプスゲージ、標準
低振動セミチゼルカッター
ロングトッププレート、山型デプスゲージ
標準
  • 品番の後半部分にある60Eや52Eは、ソーチェーンの長さ(ドライブリンクの数)を表しています。

以上の見方にもとづき、購入すべき竹用の替刃を特定します。まず、所有するチェンソーについて、ソーチェーンのサイズ(ピッチとゲージ)が25Fか91Fのいずれかに該当するかを確認します。次いで、ソーチェーンの長さ(ドライブリンクの数)を確認します。これらにより、購入すべき竹用の替刃の品番を特定できるので、あとは注文をするだけです。

なお、マキタ(makita)やハイコーキ(HiKOKI)では、純正の竹用替刃を販売していますがオレゴンのOEM製品ですので、品番の表し方は同じです。

【送料無料】オレゴン チェーンソー 替刃 竹切用 25F-60E 1本入 ソーチェーン ソーチェン 25F060E チェンソー 替え刃 刃 OREGON (ハスクバーナ H00-60E スチール 13RMS-60)【ハスクバーナ スチール マキタ ゼノア 共立 シングウ 新ダイワ】
ファームガレージ OREGON SHOP
【送料無料】オレゴン チェーンソー 替刃 竹切用 91F-52E 1本入 ソーチェーン ソーチェン 91F052E チェンソー 替え刃 刃 OREGON (ハスクバーナ H35-52E スチール 63PM3-52)【ハスクバーナ スチール マキタ ゼノア 共立 シングウ 新ダイワ】
ファームガレージ OREGON SHOP

チェンソーによる竹の切り方

現在は、厚生労働省によって公布された改正労働安全衛生規則(安衛則)により、胸高直径20cm以上の立木について、受け口、追い口、つるを確保し伐倒することが義務付けられています。竹の場合は、大型種の孟宗竹であっても胸高直径20cm以上のものはまれなので、法令による規制の対象となることはほとんどないと考えられます。ただし、太い竹に関しては、安全のため法令で定められた方法に準じて伐倒するとよいでしょう。

竹は、節間が空洞で、樹冠も広くならないため、樹木より軽量です。そのため、切断後に倒れてきた幹に押しつぶされるような危険は小さいです。したがって、細い竹に関しては、チェンソーで一刀両断してしまっても現実的には問題ありません。

以上のように、太い竹に関しては法令で定められた方法に準じて伐倒し、細い竹に関してはチェンソーで一刀両断する方法が好ましいです。こうした切り方も含めて、国立研究開発法人の森林総合研究所が「チェーンソーによるタケの伐倒方法」として分かりやすくまとめていますので、参考にするとよいでしょう。

なお、竹の場合は他の樹木に比べてしなりが強いので、はね返りが起きることがあります。特に頭部や顔面を守るためにも、ヘルメットや保護網などの保護具を着用することが望ましいです。

まとめ

竹切り用チェンソーとは、その名の通り竹を切ることに特化した専用のチェンソーです。一般的なチェンソーとの違いは、ソーチェーンがフルカッタータイプであること、ガイドバーがカービングバーであること、ハンドルがトップハンドル(トップハンドルソー)であることなどの特徴を備え、竹を切ることに特化させている点です。

一般的なチェンソーでも竹は問題なく切れますが、ソーチェーンを押し当てた瞬間に竹がしなるため切り進みにくかったり、切断面が毛羽立ってしまったりということが起きます。一方、竹切り用チェンソーであれば使い勝手よく利用することができます。その背景には、フルカッターのソーチェーンでは硬い竹の繊維であってもよく切れること、竹は密集して植生するため小回りの利くチェンソーが便利であることなどがあります。

なお、竹伐採以外に、除草剤防草シートを利用して竹を防除する方法もあります。ぜひ状況や環境に適した方法を検討してみてください。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました