チェンソーのチャップスが着用義務化!チャップスの選び方やおすすめを紹介

チェンソーチャップスの写真チェーンソー
チェーンソー道具

伐木、伐採、薪割り、木工のうち、チャップスを着用しなくてはいけないのはどの作業でしょうか?判断のポイントは作業内容ではなく、チェンソーの使用が業務によるものなのか否かです。

この記事では、チェンソーのチャップスについて紹介します。

スポンサーリンク

チャップスとは?

チャップス(chaps)は、チェンソーを使った作業時に着用が義務付けられている切創防止用保護衣です。「チャプス」や「エプロンチャップス」と表記されることもありますが、同じものを指しています。もともとはカウボーイが乗馬する際に、ひっかき傷や噛み傷から下肢(下半身)を守るために着用していた防具です。現在では、アメリカンバイク愛好家の着こなしアイテムとしても認知されています(用途が異なるため、チェンソーチャップスとは別物です)。

チェンソー使用時の事故や怪我は下肢(下半身)に集中していることが古くから知られており、厚生労働省が示したある年のデータでは、事故や怪我の7割が下肢(下半身)で起きたとされています。したがって、下肢の保護衣(チャップスや防護ズボン)を着用することは、事故や怪我を防ぐ上で効果的で、林業の分野では2015年10月より着用が義務付けられていました。その後、厚生労働省によって公布された改正労働安全衛生規則(安衛則)で、2019年8月より造園業や建設業なども含めて全ての分野において、下肢の保護衣(チャップスや防護ズボン)を着用することが義務化されています。ただし、対象となっているのは業務でチェンソーを使用する場合であり、私的にチェンソーを使用する場合(たとえば、庭木の処理やDIYなど)はこの限りではありません。

また、万全を期すのであれば、防護服(ジャケット)、手袋(グローブ)、脚絆(レッグチャップス)、専用靴(ブーツ)なども着用するとなお良いです。これらの着用は義務化されていませんが、さらに安全性を高めることができます。

「チェンソー」、「チェーンソー」、「チェーンソウ」の違い

「chainsaw」を日本語表記すると、「チェンソー」、「チェーンソー」、「チェーンソウ」などとなります。いずれも正しいのですが、メーカーや業界関係者の間では「チェンソー」の表記を用いることが多いです。一般社会においては、「チェーンソー」の表記も広く浸透しています。

スポンサーリンク

チャップスと防護ズボンの違いは?

チャップスも防護ズボンも、基本的な構造は同じです。両者とも表地、中地、裏地から構成されており、特に中地は身体を護る上で重要な役割を果たします。誤ってチェンソーの刃(ソーチェン)が身体に接触した場合に表地を引き裂くことになり、中地として何層にも重ねられたアラミド繊維がチェンソーの刃(ソーチェン)やスプロケットに瞬時に絡みつく仕組みになっています。その結果、チェンソーの回転が停止し、切創災害が防がれます。

チャップスと防護ズボンの違いは以下の通り、形、着脱方法、価格などにあります。チャップスは着脱が容易なので、一時的な利用や貸し借りにも向いているといえます。一方、防護ズボンは脚の前面および後面を保護するので、山林などにおける本格的な作業に向いているといえます。自身の状況や用途に応じて、適した方を選ぶとよいでしょう。

チャップス防護ズボン
脚の前面のみ保護脚の前面および後面を保護
着脱方法脚の前面に保護衣をあてがい、後面に伸びるベルトとバックルで固定して装着一般的なズボンと同様に、脚を通して穿く
価格生地が小さい分、安価生地が大きい分、高価

おすすめのチャップス

チャップスを選ぶ際には、厚生労働省が示す規格に適合もしくは準拠するものを選ばなくてはいけません。ここでいう規格には、JIS規格(日本産業規格)、ISO規格(国際標準化規格)、EN規格(欧州規格)、ASTM規格(米国規格)がありますが、具体的には、以下のいずれかに適合もしくは準拠するチャップスを選ぶ必要があります。なお、JIS規格は長らく「日本工業規格」とされてきましたが、2019年7月より現在の呼称に改められています。

  • JIS規格(日本産業規格):T8125-2
  • ISO規格(国際標準化規格):11393-2
  • EN規格(欧州規格):381-5
  • ASTM規格(米国規格):F1897

なお、国際基準では、チェンソーに対する切断防止機能をチェンスピードで分類しています。クラス(class)が高いほど、切断防止機能が高いことを表しています。クラスは製品概要などに記載されているほか、統一されたマークで生地にプリントされていることもあります。規格とあわせてクラスを参考に、製品選びをしてみてもよいでしょう。

  • class0≦チェンスピード16m/s
  • class1≦チェンスピード20m/s
  • class2≦チェンスピード24m/s
  • class3≦チェンスピード28m/s

これらに適合もしくは準拠する主なチャップスには、次のようなものがあります。薄暗い環境でも視認性を高める目的もあり、カラーには鮮やかなオレンジ色が採用されていることが多いです。

ハスクバーナ(Husqvarna)

大手チェンソーメーカーのハスクバーナ(Husqvarna)では、「チャップスⅡクラシック」や「チャップスⅡファンクショナル」などを取り揃えています。バックルのほか、脚部にジッパーが採用されているので、脱着も簡単です。

エコー(ECHO)

エコー(ECHO)は、株式会社やまびこのもつ製品ブランドのひとつです。したがって、姉妹ブランドである共立(KIORITZ)や新ダイワ(shindaiwa)でも同じロゴマークの入ったチャップスを取り扱っています。製品カタログでは、チャップスを「脚カバー」と表記して掲載しています。

杣(SOMA)

杣(SOMA)は、和光商事(WAKO TRADE CO.LTD.)が展開する林業アイテムブランドです。日本人企画による日本人のための林業家製品を標榜し、あらゆる条件下においても最大限のパフォーマンスを発揮するための製品を開発することを目指しています。780gの軽量チャップスや紺色のチャップスなど珍しい製品を取り揃えています。

WAKO 杣SOMA チェンソー防護用チャップス (軽量モデル) T004B クラス1(20m/s)【在庫有り】
セミプロDIY店ファースト

プラウ(PLOW)

プラウ(PLOW)は、ホンダウォークが運営する農機具の実店舗およびオンラインストアであり、同時にブランド名でもあります。チャップスでもオリジナルブランド製品があり、ストレッチ素材で動きやすく快適というのが特長となっています。また、そのチャップスに加えて、レッグチャップス(leg chaps)、アームチャップス(arm chaps)、グローブ(gloves)もついたお得なチャップスセットも販売されています。

オレゴン(OREGON)

オレゴン(OREGON)は、世界首位級のソーチェンブランドです。ソーチェンとしては、スチール(STIHL)やハスクバーナ(Husqvarna)製品などもありますが、特に日本のチェンソーメーカーにおいてはオレゴン製品が圧倒的なシェアとなっています。オレゴンのチャップスは、耐水および耐油仕様となっているため、洗濯機や乾燥機を利用することができます。ハイコーキ(Hikoki)などでも同一のチャップスを販売しています。

むとひろ(MUTOHIRO)

むとひろ(MUTOHIRO)は、ソーチェンなどを中心としたインターネット通販専門店です。ソーチェンの充実したラインナップは目を見張るものがありますが、その他にも、目立て用品、工具、携行缶、刈払機や草刈機用の部品まで取り揃えています。「軽量プロテクティブチャップス」はオリジナルブランドの製品となっており、身長170cm丈の日本人男性の股下にフィットする設計になっています。

むとひろ 軽量プロテクティブ チャップス チェーンソー作業用 防護用 切断防止 法定規格適合 欧州安全規格 EN381-5適合 Class1認証(日本工業規格 JIS T8125相当) 米国安全規格 ASTM F1897適合
ソーチェン問屋むとひろ

マックス(MAX)

マックス(MAX)は、香川県を本社とする手袋メーカーです。同時に、林材業用品ブランドとしてマックグリーン(MUC GREEN)を展開しており、海外製が主流だった頃から自社製のチャップスを手掛けてきました。マックグリーン(MUC GREEN)製品のひとつとして、「Mr.FOREST」というチャップスがあり、EN規格(欧州規格)のclass1に適合しています。

マックス MAX マックス Mr.FOREST 防護チャップス オレンジ Mサイズ
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

サムライレジェンド(SAMURAI LEGEND)

サムライレジェンド(SAMURAI LEGEND)は、ハリマ興産のオリジナルブランドです。サムライレジェンドのチャップスには、Prolarという特殊な繊維を特別な方法で縫い合わせた防護パッドが組み込まれています。これにより、快適な着け心地を確保しつつ、最高クラスの対切削性能を発揮します。

まとめ

2019年8月より、チェンソーを業務で使用する場合には、下肢の保護衣(チャップスや防護ズボン)を着用することが義務化されています。

一方、草刈機、刈払機、芝刈機耕うん機、高圧洗浄機、ヘッジトリマー、バリカン、ブロワなどを用いた他の農作業では、義務付けられた服装はありません。しかし、チェンソーに限らず、農作業はいつでも危険と隣り合わせです。服装には気を配り、必要に応じて防具を身に着けるなど細心の注意を払うようにしましょう。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました