病害虫種類農薬

カメムシを無農薬で駆除、防除する方法

葉の上にいるカメムシ病害虫

カメムシといえば、強烈な匂いが印象的ですが、農家にとっては、特に果樹、水田に甚大な食害を与える害虫で有名です。ここではカメムシとはどういう虫なのか、その特性と、カメムシを無農薬で駆除、防除するため効果的な方法について解説します。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

そもそも、カメムシはどういう害虫?

カメムシとは?

カメムシは、カメムシ目のカメムシ亜目に属します。頭は先端が尖った三角形の形状、体は五角形に近しい形状が特徴です。非常にたくさんの種類があり、四角いミドリカメムシから細長いクモヘリカメムシなど、形は様々です。

日本では、カメムシを「クサムシ」「ヘコキムシ」「ヘッピリ」「クサンボ」「ジャコ」などと呼んでいる地方もあります。

カメムシの特徴として、敵の攻撃などを避けるため、腹面から悪臭の分泌液を飛ばします。この匂いが強烈なため、カメムシは忌み嫌われています。

ほとんどのカメムシは、落ち葉の中、樹上などで成虫で越冬し、春になって活動を開始します。その後夏になるにつけ、ヤシャブシ、ヒノキ、スギなどに移り、幼虫が増殖し、8月に新成虫が活動するようになります。大量発生した年は、ヒノキ、スギから果樹など他の木にやってくる数が増え、農作物に被害を及ぼします。

どうしてカメムシは害虫なのか?

カメムシの中で、茎葉、果実から汁を吸うタイプがいます。これらが吸汁すると、吸汁された果実は、形が萎縮、変形し、落果したり、最悪腐敗してしまい、果樹、葉菜類、花き問わず、多大な被害が出てしまいます。

カメムシの中でも、特に果樹に甚大な被害を与えるのは、チャバネアオカメムシ、ツヤアオカメムシ、クサギカメムシです。そして、稲に被害をもたらすのは、アオクサカメ、クロカメムシ、ミナミアオカメムシ、またナスに被害を出すホオズキカメムシなど様々なカメムシがいます。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

カメムシを無農薬で防除する方法

カメムシ駆除には主に農薬が使われますが、農薬を使わないで駆除する方法もあります。直接捕る方法もありますが、匂いも強烈なので、下記を参考に、取り入れてみてください。

除草

カメムシは雑草に身を隠すため、雑草が多いと、カメムシの発生を助長してしまいます。また、イネ科雑草(特にスズメノカタビラなど)を好んで寄生植物にします。このため、圃場をしっかり除草することは重要です。

除草については、以下のコンテンツが参考になります。

カメムシが大好きなイネ科雑草を減らすために、シソ科の多年草であるミント系を植えて、イネ科雑草を駆逐させ、減らす方法をとっている方もいらっしゃるようです。

木酢液を散布する

カメムシは木酢液を嫌うため、木酢液は忌避剤に使用できます。100倍程度に薄めて、スプレーで作物の周りに散布するのが効果的です。(ハッカ液やタバスコを薄めたものも忌避剤として使えるという意見もあります)

防虫ネット,忌避灯(黄色蛍光灯),袋かけ(二重袋)

水稲ではなく、果樹園などの場合に限られますが、4mm程度の防虫ネットや、黄色の蛍光灯、また物理的に果実の袋かけは有効な防除手段になります。

アイガモを利用

アイガモはクログワイコナギノビエを含む雑草や、ウンカ、イネクロカメムシといった害虫を食べてくれるので、生物的防除になります。

フェロモン剤によるトラップ

有名な防除方法で、集合フェロモン剤を誘引源としたトラップがあります。これは該当する害虫の雄雌の成虫(場合によっては幼虫)を引き寄せる集合フェロモンを出して、ボックス等の中に誘引し、捕獲するものです。

防除する際のポイント

早期発見、早期防除

カメムシに限らないですが、病害虫は早期発見し、早期に防除することに尽きます。侵入を発見したら、すぐに防除方法をとることが大事です。

早期防除にはやはり農薬は有効です。カメムシに使える作物別のおすすめ農薬をまとめているので参考にしてみてください。

IPMについて

近年では、特定の農薬に抵抗性を持った害虫も多く発生し、農薬の効率的な使用のため、農薬のRACコードを確認して、タイプの異なる殺虫剤のローテーション散布を心がけること、また、農薬の使用量を減少させるために、生物的、物理的、耕種的防除法を取り入れたIPM防除体系を組んで、統合的に実践することが重要になってきています。

IPM(総合的害虫管理)とは?

農地を取り巻く環境や病害虫の対象種の個体群動態を考慮しつつ、「生物的防除」「化学的防除」「耕種的防除」「物理的防除」を組み合わせることで、病害虫の発生を経済被害を生じるレベル以下に抑えることをいいます。

  • 「生物的防除」 病害虫の天敵を導入し、病害虫密度を下げる防除法
  • 「化学的防除」 化学薬剤を使用して行う防除法
  • 「耕種的防除」 栽培法,品種、圃場の環境条件等を整え、病害虫の発生を減らす防除法
  • 「物理的防除」 防虫ネット、粘着トラップ、光熱等を利用して病害虫を制御する防除法

(IPM・・・Integrated Pest Management)

その他

有名な防除方法で、集合フェロモン剤を誘引源としたトラップがあります。これは該当する害虫の雄雌の成虫(場合によっては幼虫)を引き寄せる集合フェロモンを出して、ボックス等の中に誘引し、捕獲するものです。

まとめ

カメムシは、特に果樹(かんきつなど)、水稲農家の方にとっては、非常に厄介な、忌避される害虫で、生育虫の植物、果樹に多大な被害を及ぼします。

防除所の飛来時期予想を参考にし、発生量および果樹園への飛来時期の予想をしっかり把握することが重要です。それを元に、早めの防除、消毒を心がけましょう。本記事が、より適切な防除の一助となれば幸いです。

ここで紹介した農薬は、JA販売店やホームセンターのガーデニング・資材、庭木コーナーにあるものもあります。ほ場で早期発見し、適切な薬剤や防除方法でしっかり発生を予防、ガードできると、農薬散布と言った農作業の回数を減らすことができます。

農家webではカメムシのほか、ウンカ、アブラムシヨトウムシハダニコナジラミ、ヨコバイなどの農薬、防除情報も解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました