読めば流れがわかる!シイタケの基礎知識と菌床栽培の基本

収穫されたドンコシイタケの画像きのこ類
きのこ類基本栽培

シイタケ(椎茸、しいたけ)は、英名でShiitake Mushroomと呼ばれます。その名前からも分かる通り、シイタケを一つの種類としてしっかりと区別しているのは日本独特かもしれません。

シイタケ(椎茸)は主に日本、中国、韓国などのアジア諸国で食用に栽培されています。日本においては、旨味成分が多く出ることから出汁(ダシ)の食材として使われたり、精進料理の一品として食卓に上る機会も多いでしょう。きのこ類の中では、なめこなどと並んで人気の作物です。

椎茸栽培はプロ農家だけではなく、家庭菜園として楽しむこともできます。最近では、栽培キットが充実していて手軽に始められるものから、少し本格的な原木栽培を楽しめるものまでさまざまあります。

この記事では、シイタケの基礎知識や菌床栽培の基本、重要事項、注意点などについて解説します。記事が長いため、目次を見て必要な部分から読み進めてください。

ご家庭で菌床栽培を楽しめるしいたけ栽培キットに関しては、下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

シイタケ(椎茸)の基礎知識

作物名科目原産地育てやすさ種の価格
(円/1粒)
苗の価格
(円/1苗)
収穫までの日数
(目安)
栽培できる地域作型栽培方法土壌酸度
(pH)
連作障害発生適温生育適温日当たり光飽和点
シイタケキシメジ科(異説あり)アジアの熱帯高地★★☆☆☆種駒打ち込み後、2年から3年(原木栽培の場合)全国秋・春どり
(品種によって収穫時期は前後)
原木栽培
菌床栽培
(おがくず)
5℃〜26℃(品種による)10〜30℃(品種による)日かげ

シイタケ(椎茸)は、ハラタケ目キシメジ科のきのこです。異説では、ヒラタケ科やホウライタケ科、ツキヨタケ科とも言われています。原産地はアジアの熱帯高地ではないかと推定されていて、日本や中国などで多く栽培されています。

日本においてシイタケは、シメジ、えのきたけに次ぐ生産量を誇っています。まいたけ、えのき、なめこ、ヒラタケなどよりも生産量が多くなっています(出典 きのこ類、木材需給の動向:農林水産省)。

日本におけるシイタケ栽培は、日光が直接当たらない林内や人工的な施設内など環境条件が整う場所で行われています。大規模にシイタケ栽培を行っているプロ農家は菌床栽培を行っていることが多く、スーパーで並んでいるシイタケも菌床栽培が多いと思われます。菌床栽培だから良い、原木栽培だから美味いという話ではなく、それぞれに栽培、営農に関する一長一短があります。

  • 「原木栽培」「菌床栽培」があります。
  • 原木栽培の場合、種駒(菌がついた駒)を原木となる木に打ち付けて栽培を始めます。種駒を打ち込んでから最低2年(夏を2シーズン)越したあとから本格的に収穫が可能となります。
  • 菌床栽培の場合、ものによりますが水と空気(酸素)に触れることによって発生(植物で言う発芽)が促され、比較的短期間で収穫が可能です。
  • シイタケの生育に適した環境は「暑すぎず、寒すぎない」ところです。氷点下になるようなところや、30℃以上の高温になるような環境には極力置かないようにしましょう。
  • 直射日光も大敵です。原木栽培の場合はスペースの都合から、外にて栽培せざるを得ないかもしれませんが、直射日光に当たらないように工夫してやります。例えば、森林の林内に原木を設置したり、原木の上に遮光できる資材を掛けてあげたりします。
  • 発生、生育ともに全く光が要らないわけではありません。直射日光は避けたほうが良いですが、木漏れ日くらいの光には当たるようにしてあげると良いでしょう。
  • 原木栽培の場合は、発生後3〜4年程度、同一の榾木(ほたぎ、菌床を打ち付けた原木)で収穫が可能と言われています。しかし、榾木の状況によってはさらに長く(もしくは短く)栽培をすることができます。
  • 菌床栽培の場合は、菌床に菌が残っているうちは収穫ができます。3ヶ月〜半年程度のサイクルで菌床を交換していきます。

原木栽培と菌床栽培

シイタケ栽培の方法は、「原木栽培」と「菌床栽培」の2つに分けることができます。

原木栽培とは、天然の木(原木)を用いて、きのこを栽培する方法です。伐採し枯れた丸太に種駒と呼ばれる種菌を打ち付けて栽培をします。種駒が打ち付けられた原木は「榾木(ほたぎ)」と呼ばれ、榾木を集めて圃場のように管理している場所を「ホダ場」と呼びます。野菜で言うところの農園ですね。

原木栽培の中でも原木の加工状態によって、いくつかの種類に分類することができます

  1. 切り倒した切り株を使う「伐根栽培」
  2. 切り倒した幹の枝を切り払い使う「長木栽培」
  3. 100cm程度に切断した木を使う「普通原木栽培」
  4. 15~20cm程度に切断した木を使う「短木栽培」と、短木を加熱殺菌した「殺菌原木栽培」

原木に使用できる木は落葉広葉樹がよく使われます。針葉樹やイチョウなどでもキノコは発生しますが、広葉樹の場合と比べて発生量(収穫量)が少なくなります。また、使用する樹種や樹齢とシイタケの品種には相性があると言われています。

適している度合い一般的な樹種
★★★コナラ、クヌギ
☆★★ミズナラ、シイ、カシワ、カシ類、シデ類
☆☆★アベマキ、タブノキ、ハンノキ、ヤシャブシ、サクラ類、クリ

もちろん、エリンギやきくらげ、なめこなど、他のきのこ類についても同様で適した樹種がありますのでしっかりと調査しましょう。

原木栽培の場合は環境によりますが、種駒の打ち込みから収穫まで2年以上かかります。また、収穫期が春と秋の2回となるため、生で出荷できる期間が限られます。原木栽培のシイタケに、乾燥シイタケが多いのはこのためです。

原木栽培については、下の記事で詳しくまとめておりますので参考にしてください。

菌床栽培とは、おがくずなどの木質材にキノコ栽培用の総合栄養剤、米ぬか、フスマなど栄養体を混ぜて固めた人工培地(菌床)を使って、きのこを栽培する方法です。通常は、湿度が高く保たれた薄暗い室内で栽培されます。室内に棚を設置し、そこにビッシリと菌床を置いて栽培します。

実は、いつの季節も食卓に生しいたけが並ぶようになったのは、菌床栽培が確立されたおかげと言っても過言ではありません。

菌床栽培の場合は、種菌付けから収穫までの時間が原木栽培よりも短く、5〜20週程度で収穫することが可能です。また、原木栽培よりも栽培にかかる期間が短いため、年間4〜8回転程度できます。営農など本格的な菌床栽培では、3ヶ月〜半年程度のサイクルで菌床を交換していきます。

上記のように、条件さえ整っていれば一年を通してしいたけを栽培できるようになったため、安定的に供給できるようになりました。

最近では、シイタケ栽培キットが販売されていて菌床と容器がセットになっており、ご家庭でもすぐにシイタケ栽培を楽しめるようになりました。

シイタケの栽培キットに関しては、別の記事でまとめていますのでキット選びの参考にしてください。いろいろな品種があるので楽しめますよ。

スポンサーリンク

シイタケの菌床栽培について

シイタケの菌床栽培は、条件を整えればいつからでも栽培を開始できます。条件とは、温度と湿度です。シイタケの菌床栽培をしている生産者は、制御のしやすい設備が整った室内でシイタケを育てます。そこで、温度と湿度をシイタケの生育に適した環境にしてやるのです。ちなみに、発生適温と生育適温は以下のとおりです。

発生適温生育適温
5℃〜26℃(品種による)10〜30℃(品種による)
シイタケの発生適温と生育適温

また、シイタケは品種によって、生育の適温や発生の条件が変わってきます。生産者はその微妙な違いをしっかりと管理しながら、多くの収穫量をあげられるように日々管理しているのです。

シイタケ 栽培の流れ・栽培方法

シイタケの菌床栽培の流れは、下記のようになります。下記は、菌床を用意してから収穫まで栽培する流れとなっています。先述したように、品種の特性や菌床の寿命が異なったりしますので、あくまで目安として捉えてください。また、栽培方法もさまざまですので、あくまで一例として参考にしてください。

原木栽培の流れについては、別の記事にてご紹介します。また、菌床栽培はシイタケ栽培キットとして販売されていることも多いので、ご家庭でも簡単に始めることができます。きのこ類の栽培をしてみたい方はぜひ試してみてください。

シイタケ 菌床栽培の流れ

原材料の加工・殺菌

しいたけ菌床栽培用のオガコや木材チップを使って、菌床のもととなるブロックを作っていきます。工程は以下のとおりです。

  1. 混合攪拌
  2. 容器充填
  3. 殺菌

混合攪拌

原材料であるオガコ(おがくず)やナバチップなどの木材チップと、キノコ栽培用の総合栄養剤、米ぬか、フスマ等の栄養体を混ぜて撹拌する作業です。原料は、ナラオガコなどの広葉樹のオガコ(おがくず)を使用することが主流です。また、キノコ栽培用の総合栄養剤は長期栽培に向いているものから、短期栽培に向いているものまで用意されています。混ぜ合わせる比率は、各生産者によって異なります(秘伝のレシピに近いものを感じます)。

このとき、水も合わせて撹拌をしていきますが、水分の含水率は一般的に62%程度が良いとされています。これも育てる品種や使用する原材料よって異なってくると思います。

容器充填

撹拌しながら、容器に充填していきます。容器(培養袋)に撹拌したものを詰め込んで、圧縮しブロック状に固めます(これが菌床の元となります)。このとき、充填量は栽培方法やノウハウによって様々です。最近では丸太のように丸くブロックを作ることは少なく、ボックス型(200×120×150mmなど)に作られることが多いようです。

殺菌

出来上がったブロックを殺菌します。殺菌の方法は複数ありますが、一例としては120℃の殺菌釜にブロックを投入して、120分間以上保持する方法があります。この工程で、シイタケ菌以外の雑菌を除くことができ、発生が悪い菌床や栽培過程において病気になるものを無くすことができます。

殺菌したものは、30℃〜20℃以下まで冷やしてから次の工程に移ります。冷やす工程もどこでも良いわけではなく、無菌室などクリーンな場所で行うことが求められます。

接種

菌床のもととなるブロックの準備が整ったら、いよいよ接種を行っていきます。接種は、各工程の中で最も厳重に管理された場所、方法で行う必要があります。なぜなら、接種するときに雑菌一緒に入ってしまうと、今後の工程全てに影響が出てしまうためです。

接種は通常、無菌室など管理された場所にて行います。無菌室にて、自動接種器などを利用して接種します。種菌の接種量は、ブロックの大きさや品種によって異なります。

接種は素早く行い、完了したらすぐに袋口をシーラーなどで密封します。接種した場所と同じところで培養を始める場合は、袋口を閉めない場合もあります。シイタケ菌は、ネット通販でも簡単に購入することができます。

培養

接種が終わったら、シイタケの菌糸を菌床に活着させるために培養を行います。シイタケを生み出すために、温度18℃〜22℃程度に調整された培養室で3ヶ月以上寝かします(品種によります)。培養中は、気温が16℃以下の低温にならないように注意しながら管理していきます。培養管理のポイントは以下のとおりです。

  • 温度は18℃〜22℃程度で一定とする(どの温度帯が良いかは品種などによる)
  • 湿度は65〜75%程度で管理する
  • CO2濃度(二酸化炭素濃度)も重要であり、比較的二酸化炭素が薄い空間(3000ppm以下程度)が良いとされている場合もある
  • 1日10分程度、照明(100〜500lx)で照らす。それ以外の時間は暗黒で管理するため、点検などのときに照明を点灯する程度で十分である

接種から25日〜30日も経てば、シイタケの菌糸が菌床全体に回って真っ白くなります。その後、袋口を開放し熟成工程に移ります。

熟成させると、培地が収縮し、培地表面が白色から褐色に変化してきます。この褐色の被膜は、培地内部への害菌の侵入を阻止する防波堤のような役割をしていると考えられています。

また、きのこの元となる原基は、この褐色被膜の下にたくさん形成されるようです。したがって、褐色被膜が培地表面に形成されないとシイタケ発生量の減少や、培地内部への害菌の侵入によって、シイタケ菌が死滅により培地が崩壊してしまう可能性があります。熟成管理のポイントは以下のとおりです。

  • 温度は培養管理のときより少し上げて20℃〜22℃程度で一定とする(どの温度帯が良いかは品種などによる)
  • 湿度は高めに70%〜90%程度で管理し、必要であれば散水や噴霧も行う
  • CO2濃度(二酸化炭素濃度)も重要であり、比較的二酸化炭素が薄い空間(3000ppm以下程度)が良いとされている場合もある
  • 褐変化促進のために、昼間のみ8時間程度照明(100〜500lx)で照らす。
  • 褐変後は散水を控えめとする。

熟成は接種後60日〜90日程度経つと、菌床全体が褐変して茶色になります。ここまでくれば、栽培の準備がようやく整った状態となります。

褐変が進まない原因は?

以下のようなことが考えられます。

  • 培地の含水率が高すぎるため、培地内部の空隙量が少なくなり酸素不足となっている
  • 粒径の小さなおが屑を多く使用したため、培地内部の空隙量が少なくなり酸素不足となっている
  • 殺菌不良で培地内部に害菌が棲息している
  • 不良種菌の使用してしまった
  • 培養管理時に全く光が当たらない状態の菌床を作ってしまった

発生・収穫

培養、熟成が終わり、ようやく発生、収穫の工程へと移ります。発生までは、接種後おおよそ60日〜90日以上かかります。

発生

培養、熟成された菌床を起こしてシイタケを発生させます(植物で言うところの芽を出す発芽のようなイメージです)。シイタケを発生させるためには、その環境を整えてあげることが重要です。ポイントは以下のとおりです。

  • 温度は18℃~20℃で管理する
  • 湿度は60~80%で管理し、乾湿の差をつけて管理する
  • CO2濃度(二酸化炭素濃度)は、2000ppm以下で管理する
  • 照度は100~300lx程度で昼夜連続の点灯管理とする
  • 期間はおおよそ1週間〜2週間程度とし、シイタケが発生したら生育管理に移る。発生過多になると、菌床にダメージが及ぶので注意する

生育管理

シイタケが発生したら、収穫まで生育の管理をします。品種や作り方によって、シイタケの大きさや風味なども変わってくるので、管理方法もさまざまです。下記に、基本的な生育管理の考え方を記載しますので、参考にしてください。

  • 温度は10~28℃程度の範囲とし、日較差をつけて管理する(管理温度は品種により異なる)
  • 湿度は70~80%で管理する(生育開始後は散水しない)
  • CO2濃度(二酸化炭素濃度)は1500ppm以下で管理する
  • 照度は100~1000lxで、昼間のみの点灯管理とする。

おおよそ2週間〜3週間程度で収穫が可能となります(管理温度や品種によって異なります)。

収穫

シイタケが発生すると、一気に大きくなってきます。生産者はスーパーなどの店頭に並べる時間までを考慮し、傘の裏のヒダの膜が切れる前に収穫します。こうすることで、棚持ちが良くなります。

家庭菜園や直売所など採れたものをすぐに調理、販売できる環境にあるのであれば、傘の裏のヒダの膜が切れた後に収穫します。

収穫の方法は、ハサミを使ってシイタケの柄の最下部(根元、石付き部)から切り取ります。このとき、菌床にシイタケの柄が残らないようにしましょう。残してしまうと、病原菌が入り込む原因となってしまいます。

また、手でもぎ取る行為は絶対にやめましょう。原木栽培では、手でもぎ取って収穫することは普通に行われますが、菌床栽培の場合は菌床が崩れたり、穴が空いてしまいます。そこから、病原菌が入り込むと一気にその菌床が使えなくなりますので、注意しましょう。

収穫が終わったら、菌床を休養させます。菌床の管理方法によっては、5〜6回程度、同一の菌床で収穫することが可能です。

休養管理

収穫が終わったら、菌床を休養させましょう。休養中も生育管理中と同様に、温度、湿度、散水などの環境条件を整えて上げることが重要です。ポイントは以下のとおりです(あくまで一例ですので品種や菌床の状態によって異なります)。

  • 温度は15~20℃で管理する。10℃以下、25℃以上にはしない
  • 湿度は60~90%で管理する。1日1回程度、散水を実施する。
  • CO2濃度(二酸化炭素濃度)は2000ppm以下で管理する。
  • 照度は50~300lxで、昼間のみの点灯管理とする。

おおよそ2週間〜3週間程度、上記の方法で管理し、その後は発生・生育管理の工程に戻ります。発生→生産管理→収穫→休養管理のサイクルを数回繰り返していきます。また、菌床の使い回すサイクルが多くなるほど、発生しづらくなってきますので休養期間を伸ばしたり、管理方法を変えたりする工夫が必要となってきます。場合によっては菌床を浸水させて発生を促したりします。

シイタケ 菌床栽培の害虫・害菌

シイタケを栽培していると、いろいろなトラブルが発生します。しかし、適切な対処方法を知っていれば慌てる必要はありません。代表的な害虫、害菌への対処方法を説明していますので、参考にしてください(準備中)。

主な害虫

  • ムラサキアツバ
  • セモンホソオオキノコムシ
  • ダニ類
  • ナメクジ
  • トビムシ類
  • ナガマドキノコバエ類
  • コクガ
  • クロバネキノコバエ類
  • ウスモンヒメガガンボ
  • ヨコヤマクシバキノコバエ
  • ショウジョウバエ類
  • ヤマトケヅメカ
  • ナミグルマアツバ
  • ヨコハマセニジモンアツバ

主な害菌

  • 糸状菌類
    • アオカビ
    • ミドリカビ(トリコデルマ)
    • クロカビ
    • コウジカビ
    • ケカビ
    • アカパンカビ
  • 細菌類
    • シュードモナス
    • エルビニア
    • リケッチア
  • きのこ類
    • クロコブタケ
    • カワラタケ
    • カイガラタケ

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました