メーカー別背負い式

ゼノア 背負い式草刈り機(刈払機)の種類と選び方

ゼノア 背負い式刈払機メーカー別

ゼノア(ZENOAH)は、小松ゼノアとスウェーデンの会社であるハスクバーナ(husqvarna)の日本法人と合併してできた、ハクスバーナ・ゼノアのブランド。ゼノアの草刈機(刈払機)はプロの農家や造園業の方に人気が高い製品です。

この記事では、長時間の草刈りを行う農家や、草刈業者などでよく使われる、ゼノアの背負い式刈払機(草刈機)について、その種類や違い、選び方などわかりやすく説明します。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

ゼノアの草刈機(刈払機)の機能

まずは、各機種の説明に入る前に、ゼノアの草刈り機(刈払機)の機能について説明します。

くるくるカッター

ゼノア背負い式草刈り機の特徴である、くるくるカッターとは、ギアケースとエンジン部がくるくると自在に回転することにより、操作桿の自由度がアップして体の左右どちらからも作業が可能になります。

また燃料タンクをフレームに収納し、重心の位置が背中に近くなってフィットするため、長期間の作業を楽にし、スプリング4点マウント方式で、振動を大幅に低減しています。

ストラトチャージドエンジン

ストラトチャージエンジンとは、ゼノアが開発した環境に配慮した排ガス対応エンジンで、カリフォルニア州の第二次排ガス規制に世界で初めて対応した画期的な2サイクルエンジンです。

従来より75%排気ガスを削減し、通常の2サイクルエンジンと比較して、約30%の燃料効率がUP。さらに、優れた冷却性能を持っています。

DC

DC(デュアルチョーク)の機能とは、草刈機(刈払機)には、エンジンの部分に草刈機(刈払機)にはチョーク(レバー)が付いています。エンジンを始動するときに使用します。寒い時期にはチョークを閉めて始動させるとエンジンがかかりやすくなります。

DCは、チョークを閉めるシャッターチョーク行うと、同時にアクセルの開度を少し開く機能を追加。二つの(デュアル)のチョークで、寒い時期のエンジンの始動や可動を向上させる効果があります。

背引きスタート

背負い式の草刈機には便利な機能で、背負ったままスムーズにエンジンをスタートさせることができる機能です。

EZスタート

EZスタート(イージースタート)は、従来のリコイルを大幅に改善しゆっくり引いても、楽にエンジンが始動する機能です。ほとんどの草刈機に標準装備されています

STレバー

STレバーは、ゼノア独自のスロットルレバーで安全性に配慮されたレバーです。回転数を固定すると、キックバックや転んだ時などに、回転続けるのはとても危険です。しかしゼノアのSTレバーは、スロットレバーを外すとエンジン回転がアイドルに戻る仕組みになっています。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

背負い式草刈機(刈払機)の種類

ゼノアは草刈機(刈払機)を「農家向け」「造園・山林プロ向け」コストパフォーマンスに優れた「ジャストシリーズ」の3種類にカテゴライズしています。

そのうち背負い式草刈機(刈払機)があるのは、「農家向け」と「ジャストサイトシリーズ」です。

農家向け

形式BKZ275BKZ315BKZ3420FL
排気量(ml)25.429.533.6
質量(kg)8.0~8.584/8.88.3
燃料タンク(L)1.11.11.3
機能くるくるカッター
DC
背引きスタート
ストラトチャージドエンジン
STレバー
EZスタート
くるくるカッター
背引きスタート
ストラトチャージドエンジン
STレバー
EZスタート
STレバー
EZスタート
メーカー標準価格
(税抜き)
95,260円から98,780円101,200円~104,720円98,780円

BKZ275-DC/BKZ275-L-DC

機能:くるくるカッター・DC・背引きスタート・ストラトチャージドエンジン・EZスタート・STレバー

上記で説明した機能が全部搭載された、高機能タイプの背負い式刈払機。BKZ275-L-DCと「L」が入っているのは、プラス12㎝のロングパイプ仕様です。排気量は25.4mlで刈刃は255㎜×40刃チップソー。ハンドルは、ループとバーが選べます

BKZ315/BKZ315-L

機能:くるくるカッター・背引きスタート・ストラトチャージドエンジン・EZスタート・STレバー

機能はBKZ27にくらべ、DCが付いていませんが機能は充実しています。BKZ315-Lと最後にLが入っているのは、プラス12センチのロングパイプ仕様です。排気量は、29.5ml、刈刃は255㎜×40刃チップソー。ハンドルは、ループとバーが選べます。

BK3420FL(フロートタイプ)

機能:EZスタート・STレバー

フロート式のキャブレターを採用し、整備性と高出力を兼ね備えているプロ用のモデルです。機能は標準装置以外は特段ついていませんが、排気量33.6ml と背負い式の中で一番です。ハンドルはループのみ、刈刃は255㎜×40刃チップソーです。

一般・農家向け ジャストシリーズ

形式TK220LTKZ235TKZ265TKZ2600S
排気量(ml)21.722.525.425.4
質量(kg)6.57.17.46.9
燃料タンク(L)0.60.750.660.75
機能STレバーストラトチャージドエンジン
STレバー
EZスタート
ストラトチャージドエンジン
STレバー
EZスタート
EZスタート
メーカー標準価格
(税抜き)
57,530円64,900円69,190円65,340円

TK220L

機能:STレバー

軽量化に特化したタイプで、本体の質量は6.5kgと背負い式の中では最も軽量です。エンジンだけでなく先端部の軽量のために、3ベアリングギヤケースを採用。エンジンは、コンパクトなG20LSエンジンを搭載。EZスタートではなく、e-SATRT機能で軽い引き力でスムーズに始動します。

排気量は21.7mlとパワーはありませんが、軽い背負い式刈払機(草刈機)ならこちらが一番軽量です。

TKZ235

機能:ストラトチャージドエンジン・EZスタート・STレバー

始動性・パワー・重さ・耐久性と4つのバランスが取れたタイプ。排気量は22.5mlで重さは7.1kg。刈刃は230㎜×26Pの9インチチップソーです。

TKZ265

機能:ストラトチャージドエンジン・EZスタート・STレバー

TKZ235と同様にストラトチャージドエンジンの機能がある背負い式草刈機(刈払機)ですが、排気量が25.4mlなのでパワーがこちらの方あるため、刈刃は255㎜×40Pの10インチチップソー。ナイロンコードも使用可能。

TKZ2600S

機能:EZスタート

排気量25.4mlとパワーもあり、刈刃は255㎜×40Pの10インチチップソーが使えます。重さも6.9kgと軽量でナイロンコードも使えます。リーズナブルですが使いやすい背負い式草刈機です。

しかしSTレバーではなくSレバー。STレバーと同様に安全性には優れており、レバーから手が離れると自動でアイドルに戻るのはSTレバーと同様です。STレバーは最初にエンジンの回転数を決め、レバーを握るとエンジンが回転します。一度レバーを離してもまた回転数を設定する必要はありません。

Sレバーは、①レバーを握ることにより、エンジン回転レバーロックが解除されてを動かすことができる仕様なので、レバーが離れるたびに回転数を合わせなおす必要があります。ただこのツーアクションにより誤作動がないので、STレバーは地面にレバーが当たったりすると、誤作動が起きやすいのでその点では優れているといえます。

選び方

背負い式の草刈機のメリットは、タンク容量を増やし長期間作業できることや、高低差のある場所で、腕や肩などの負担を減らせることなどがあります。

ゼノアの背負の特徴であるくるくるカッターなどの特有の機能を使いたい、パワーが協力で長時間連続で使いたい場合にはやはり、農家向けに作られたものがおすすめです。

それほど長時間必要ではないが、負担を減らしたい。軽量なもので安価なものをというのであれば、ジャストシリーズの中から、パワー重視か軽さを重視するのか。機能なども見極めて自分にあったものを選ぶとよいでしょう。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました