農家web防除暦サービスのバナーです。
自走式

自走式草刈機 ハンマーナイフモアの特徴とおすすめ商品

当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

ハンマーナイフ式草刈機で草刈りをする人自走式

自走式草刈機には多くの種類がありますが、刃の駆動によってロータリーナイフ式とハンマーナイフ式の草刈機があります。

この記事では、ハンマーナイフ式の草刈機について、その性能やおすすめの商品などについてわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

ハンマーナイフ式 自走式草刈機について

特徴

ハンマーナイフ式の自走式草刈機とは、刃の駆動が縦回転の草刈機です。多くの刃が縦方向に回転して、細かく草を粉砕します。パワフルで草丈の高い草や硬い草にも強いため、休耕地などで活躍します。

地面と水平に動くロータリーナイフ式と比べ、刃が多くパワーがあるため、背の高い草や密集している場所でも、細かく粉砕できて刈後もきれいです。しかしつる性の草が絡まりやすい、刃のメンテナンスが大変、値段が高いなどのデメリットもあります。

刈刃

刈刃は基本的にはフリー刃で硬い草でも粉砕するY字型の「フレール刃」や広い刈先で地面を平行に切ることで刈り後がきれいな「イチョウ刃」などがあります。

タイヤの種類

ハンマーナイフ式の自走式草刈機には、通常のタイヤ(ホイール)とクローラータイプがあります。休耕地などの不整地や湿地では、通常のタイヤではうまく動かないことがあります。そんな時には後輪がベルト状になっているクローラーモデルがおすすめです。

スポンサーリンク

ハンマーナイフ式 自走草刈機の選び方

まず使う場所によってタイヤを選びましょう。斜面や軟弱地ではクローラータイプがおすすめですが、通常のホイールタイヤより価格が高くなります。

次にパワーを比較しましょう。パワーによって、刈れる草丈の高さも変わります。コンパクトタイプのものはひざ丈や腰丈程度の草まで刈れるのに対し、パワーのあるものは背丈ほどの草も刈ることができます。しかしコンパクトタイプは軽く小回りが利くのに対して、パワーのあるものは重量もあり値段も高くなります。バランスを考えて選ぶとよいでしょう。

この他に、近くに販売店があるか(メンテナンス時には販売店があると便利です)、耐久性やメンテナンスのしやすさ、耐久性なども考慮しましょう。

スポンサーリンク

おすすめの自走式草刈機 ハンマーナイフ式

ハンマーナイフ式の草刈機は、オーレック(共立・イセキアグリ)、アテックス、筑水キャニコム、ゼノア、ヤンマーなどのメーカーが販売しています。特徴ごとにおすすめ製品を紹介します。

コンパクトタイプ

ヤンマー コンパクトハンマーモア YW450H

ヤンマー唯一のハンマーナイフモア。軽量でコンパクトで取り回ししやすく、タイヤ幅が調整できるので狭い畦畔や畝間でも使うことができます。

三菱の空冷4サイクルエンジンを搭載し、軽量ながらパワフル。握る・離すだけのシンプルな操作なので、初めて自走式草刈機を使う人にもおすすめです。

自走式草刈機では、雑草の草丈が高く繁茂しているときによくエンストを起こすのですが、本製品は走行クラッチを離して走行停止し、レバーを握ると少し後進する箇所をハンドルに設けた「握るとバック」の機能で、エンジンにかかる負荷を一時的に軽減し、快適な連続作業をサポートします。

また後輪タイヤに旋回機構が付いていて小回りが効くようになっています。このため、楽に旋回することができます。

製品名ヤンマー
YW450H
機体寸法:全長×全幅×全高(mm)1230×560×1070
質量(kg)67
エンジン出力(kW)2.2
刈刃形式フリーナイフ×24枚
刈幅(mm)450
刈高(mm)20~55
目安市場価格(税込)約200,000円

オーレック ブルモアー HR532X(共立 HR532X・イセキ HR532X)

オーレックのハンマーナイフ式草刈機は、ブルモアーという名前で種類も豊富です。ヤンマーより高性能のものがほしいのであれば、HR532Xがおすすめ。コンパクトサイズは他にHR532Xより小型・軽量のHR402Xもあります。

HR532Xは小型ですが181ccのエンジンで、刈幅520㎜で腰高の草でも刈り取ることが可能。小型ですがしっかり草刈りすることができます。サイドクラッチがついているので、ラクに旋回することが可能です。リチウムイオンバッテリーを搭載し、万が一の時もリコイルでエンジン始動できるHR532Sもあります。イセキ(ISEKI)と共立のハンマーナイフモアに、この製品のOEM製品があります。

製品名オートレック
HR532X
機体寸法:全長×全幅×全高(mm)1700×710×960
質量(kg)124
エンジン出力(kW)4.6
刈刃形式フリーナイフ×32枚
刈幅(mm)520
刈高(mm)20~80
目安市場価格(税込)約320,000円
共立 ハンマーナイフモア HR532X(HR532後継機種 オーレック ブルモアー イセキ)
アグリズ楽天市場店
¥ 318,660(2024/02/27 22:39時点)

スタンダード(ホイールタイヤ)

通常のタイヤタイプは、ぬかるんだ場所は苦手ですが小回りが利いて取り回しがしやすいのが特徴です。

オーレック ブルーモア HR665(共立 HR665・イセキ HR665)

オーレックのブルーモアHR665は、ホイールタイヤのベーシックモデル。刈幅650㎜で、エンジンは三菱の4サイクルエンジンを搭載。8馬力で背丈ほどの草も刈り取ることができます。ロータリーカバーを耐久性の強いステンレスにしたHR665ステンレスもあります。

防塵性にすぐれた新型シュノーケルエアクリーナーで、エンジンをチリやホコリなどを防ぎます。ハンドル調整や、旋回しやすいサイドクラッチ、刃の交換がしやすいナイフ交換スタンドなど機能も十分で、価格と能力のバランスの取れた草刈機です。イセキ(ISEKI)と共立のハンマーナイフモアに、この製品のOEM製品があります。

製品名オートレック
HR665
機体寸法:全長×全幅×全高(mm)1670×810×930
質量(kg)135
エンジン出力(kW)5.8
刈刃形式フリーナイフ×38枚
刈幅(mm)650
刈高(mm)20~80
目安市場価格(税込)約370,000円
【ノベルティプレゼント有り】オーレック ブルモアー HR402X [ハンマーナイフ ハンマーナイフモア 自走式草刈機 エンジン式 エンジン 除草]
豊作 楽天市場店
¥ 230,000(2024/02/08 06:15時点)

筑水キャニコム 男働盛清 

乗用草刈機のまさおシリーズなど、ユニークな商品名で有名な筑水キャニコムもハンマーナイフ式草刈機を製造販売しています。

キャニコムの製品は、お客様の声を大切にしてモノづくりをしているため、細かな独自の機能が特徴的です。超低速走行のトランスミッション「ナ・ガ・ラ」は、年配の方のスピードが出て怖いなどの声を受けて開発。前進6速、後進2速と超低速から高速まで、幅広い変速域で場所や状況に合わせてスピードが変えることが可能です。

その他、始動安全装置や挟まれ防止などの安全機能、質量をふやすことにより草の高密集地で機体が浮いて刈取不足にならないようにしたり、ガードを透明にし刈口が透けて見えることにより障害物などを避けやすくする、ツメブレーキ式サイドクラッチで旋回がしやすくする、など細かい工夫がされています。

製品名築水キャニコム
男働盛清
機体寸法:全長×全幅×全高(mm)1570~1690×705×890〜1140
質量(kg)145
エンジン出力(kW)4.6
刈刃形式フリーナイフ×30枚
刈幅(mm)530
刈高(mm)0~130
目安市場価格(税込)約430,000円
筑水キャニコム MH60MS 歩行型雑草刈機『男働盛清』 [法人・事業所限定][送料別途お見積もり]
セミプロDIY店ファースト
¥ 420,750(2024/03/03 20:41時点)

スタンダード(クローラー)

アテックス 刈馬王クローラーハンマー RX-653B

アテックスは愛媛県に本社を置く農業機械メーカーで、特に乗用式の草刈機や電動車いす、運搬車、ハンマーナイフモアが有名です。

RX-653Bは、従来品よりクローラ外幅が40㎜UPし、より安定走行が可能になりました。傾斜25度まで対応できるので斜面や湿地でも快適に使えます。オプションでステップシートをつけることができ、座って作業することもできます。エンジンは最大8馬力で、刈幅650㎜。セルスタートが付いたRX653EBもあります。

刈高調整がフリーと固定があります。フリーの場合、刈取り部の上下がフリーになり、地形に合わせて刈り取り部がフィットしてカットするので仕上がりがきれいになります。しかし傾斜地やぬかるんでいる場所では、刈高を固定することで安定して草を刈り取ることができます。刈高315は刈刃の交換用に使います。

製品名アテックス
刈馬王 RX-653B
機体寸法:全長×全幅×全高(mm)1800~1900×805×870~1125
質量(kg)215
排気量(㏄)296
刈刃形式フリーナイフ×36枚
刈幅(mm)650
刈高(mm)0~80(フリー時)
20、75、130、190、250、315(固定)
目安市場価格(税込)約550,000円
アテックス ハンマーナイフモア RX-653B
アグリズ楽天市場店
¥ 607,156(2024/03/03 20:41時点)

オーレック ブルモアー HRC665

HRC665はホイールでも紹介したHR665のクローラー版です。刈幅650㎜で、エンジンは三菱の4サイクルエンジンを搭載。8馬力で背丈ほどの草も刈り取ることができます。セルスタートのHRC665Cもあります。

防塵性にすぐれた新型シュノーケルエアクリーナーで、エンジンをチリやホコリなどを防ぎます。ハンドル調整や、旋回しやすいサイドクラッチ、刃の交換がしやすいナイフ交換スタンドなど機能も十分で、価格と能力のバランスの取れた草刈機です。イセキ(ISEKI)と共立のハンマーナイフモアに、この製品のOEM製品があります。

アテックスのように座って作業はできませんが、別売りでステップ台を取り付けることができるので、立って乗ることは可能です。

製品名オートレック
HRC665
機体寸法:全長×全幅×全高(mm)1670×810×950
質量(kg)200
排気量(㏄)296
刈刃形式フリーナイフ×38枚
刈幅(mm)650
刈高(mm)20~85
目安市場価格(税込)約540,000円

まとめ

ハンマーナイフ式の自走式草刈機について、種類別におすすめ商品を紹介しました。オーレックのブルモーア(Bull Mower)は、種類が多くOEM製品も多いのでお近くの販売店でも比較しやすいかと思います。

ここではスタンダードタイプまでしかご紹介しませんでしたが、ゼノアやバロネス(共栄社)などはさらに大型のハンマーナイフ式の自走草刈機や乗用草刈機を販売しています。

自走式草刈機は、刈払機と比べて高額ですが、草刈の労力を大きく軽減してくれます。レンタルなどもありますので、ぜひ一度使ってみて体験されることをおすすめします。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました