農家web防除暦サービスのバナーです。
防草シート テープ・ピン

100均で買える防草シートのピン 特徴や選び方やおすすめの使い方 

当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

ダイソーの固定ピン 防草シート テープ・ピン

紫外線を防止することで雑草の発生を止める防草シートは、ダイソーやセリアなどの100均でも見かけるようになり、防草シートを押さえる固定ピンも販売されています。

この記事では、100均で購入できる防草シートのピンについて、その特徴や選び方、おすすめの使い方などわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

防草シートの固定ピンの種類

素材

ダイソーやセリアなどに置いてある防草シートの押さえピンには、まずは素材でプラスチックか鉄製のものかに分かれます。

プラスチック製のものは鉄製に比べ、本数が多く入っているのでお得なように見えます。しかし安価なプラスチック製のものは、耐久性があまりありません、畑のマルチの押さえなどに、よく使われます。1年で張り替えるのであればプラスチック製でもよいでしょう。

ただし、プラスチック製は強度がないので固い地盤などでは、打ち込んだ時に折れてしまう恐れもありますので、鉄製のものを使いましょう。耐久性もプラスチックより長く持ちます。鉄は次第に錆びて見た目は悪くなりますが、そのサビによって抜きにくくなる効果もあります。

形状

形状には、L字型、U字型、角型(コの字型)、釘型、J型などがあります。

プラスチック製の抑えピンは、釘型のものが多く返しがあるものもあります。返しがあることにより、ピンが抜けにくくなります。プラスチック製のピンは、ダイソーにありましたが、そちらは返しがありません。

鉄製のものは、角型(コの字型)やU字型、J型は、地面に刺さる部分が2本あるので、防草シートを押さえる力が強いのでおすすめです。しかし地盤が固かったり、石が土の中に多い場所ではピンが刺さりにくいためL字型や釘型が刺しやすいでしょう。

太さ・長さ

鉄製のものは、太い方が耐久性が高くなります。ダイソー、セリアのピンもは太さは3㎜。一般的に3㎜で5年程度、4㎜で10年以上は耐久性があるといわれます。

長さは、長いほど固定する力が強くなります。ダイソーやセリアのものは14㎝、15㎝、17.5㎝。安価なピンは太さ3㎜×15㎝が多いので、100均でも同じようなサイズが販売されています。地盤のやわらかい場所では少し固定力が弱くなります。

ワッシャー(押さえ板)

防草シートのピンを探していると、丸い板のようなものが一緒に販売されていることがあります。これはワッシャー(押さえ板)といい、ピンと一緒つかうもので、押さえている部分が点から面になることで、固定力が増します。また面で押さえることで、ピンの穴の部分から亀裂が生じるのを防ぐ効果もあります。

ただし、耐候性の弱い素材の場合、紫外線などにより劣化して割れて役に立たなくなるだけでなく、ゴミにもなるので気をつけましょう。素材にはポリプロピレンや、ポリエチレンが使われます。耐候性が強いのはポリエチレンです。

ダイソーには、ワッシャー(押さえ板)がセットになっているものもあります。素材はポリプロピレンですので、耐候性は弱く長くは使えません。

スポンサーリンク

100均の防草シートのピンの特徴

ダイソーやセリアなどの100均で買える防草シートの固定ピンは、素材や、長さ、太さから考えると、耐用年数の高いものではありません。

価格も、広い場所で大量に使う場合には、ホームセンターなどで買う方が安い場合もあります。太さや長さ、素材なども確かめて比較しましょう。

スポンサーリンク

選び方

用途や場所によって、選び方が変わります。

畑のマルチ替わりに使う場合や、短期間しか使わない場合には、安価なプラスチックピンでもよいでしょう。

地盤が固く石が多く、杭が打ちにくい場所には、差し込む部分が1本のものを。ダイソーやセリアでは打ち込みやすい、杭が1本でフックが付いたタイプがあるのでそちらがおすすめです。

その他の場所では、U型やコの字型(角型)がよいでしょう。押さえ板は、面で押さえるため風が吹く場所などでは、あるほうがよいでしょう。しかし、地面から少し出っ張るので、歩く場所であるとつまずく恐れがあるので注意が必要です。

使い方

100均のピンはやはり手軽に買えるのがいいところです。ピンは、打ち込むときに石などに曲がってしまうこともあるため、足りなかった場合などは少量で買えるので便利です。

おすすめの使い方は、地盤のチェックに使いましょう。地盤が固いとか、やわらかいとか石が多い、杭が打ちにくいかは、意外とわからないものです。大量に購入してから合わないとなると大変です。

まずは、U字型などを打ち込んでみて、刺さり具合や、石に当たるかなど確かめてみましょう。簡単に抜けてしまう場合は、地盤がやわらかいのでもっと長いものを選ぶ、もしくは打ち込む間隔を狭くする必要があります。

防草シートの貼り方については、詳しい記事があるのでそちらを参照してください。

防草シートとピンは、値段に比例して耐久性が高くなります。交換の手間や、防草効果を考えるとある程度耐久性あるものを選んだ方が、コストパフォーマンスを高くなることが多いので、なるべく耐用年数のあるものをおすすめします。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

農薬販売届 受付番号:210-0099

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました