乗用

ハイガー(HAIGE)乗用草刈機の機能や評判は? 

ハイガー(HAIGE)の乗用草刈り機は、他社に比べて価格がかなり抑えられています。乗用草刈り機は高くて無理だと思っていた方も、選択肢の一つになるのではないでしょうか。

この記事では、ハイガーの乗用草刈り機について、その機能や評判などについてもわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

ハイガーについて

ハイガー(HAIGE)は、2009年の創業した群馬に本社があるハイガー・HAIGE産業株式会社の製品ブランド名で、自社で開発・生産しています。生産は中国で行い、自社で開発・製造・販売(自社のオンラインサイトや大手ショッピングサイト)していることで、コストを抑え安価で販売をしています。

草刈機や刈払機、耕運機などの農業器具の他、除雪車やコンプレッサーなどの産業機器やトレーニング用品・DIY製品なども取り扱っています。

スポンサーリンク

HAIGEの乗用草刈機

乗用型の草刈機は1種類、芝刈り機はエンジン式と電動式の2種類あります。草刈りが目的の場合には乗用型草刈機を購入しましょう。

草刈機と芝刈機の違いって?

草刈機は雑草をスピーディに刈ることを目的としており、草丈のある雑草を素早く刈るために刃が丈夫なものが使用されます。芝刈機は芝の高さが均一になるように芝、草を刈る必要があるため、草刈機よりも薄い刃が使われる傾向にあります。このように目的が異なるため、用途に合わせて選択するのがポイントです。

HG-SK9950K

エンジンは、アメリカ製の12馬力、排気量344㏄の4ストロークエンジン。刈幅760㎜、刈高20㎜~90㎜で6段階に調整が可能です。刈刃はワイドなバーナイフ1本です。燃料タンクは4.2ℓと小さめですが、燃費は1ℓあたり50分程度で、1時間あたり350坪(1150㎡)ほど刈ることができます。キーを回すことでエンジンがかかり、ギアミッションは前進5段、バック1段のマニュアルです。

刈り取った草は横から排出されます。草が湿っている詰まりやすいので、朝露や雨の日の後などで草が湿っているときは行わないようにしましょう。エンジンにも負荷がかかり、ベルトが切れるなどのトラブルも発生しやすくなります。

形式HG-SK9950K
機体寸法:全長×全幅×全高(mm)1550×850×1150
質量(kg)160
排気量(cc)344
燃料タンク容量(L)4.2
刈刃形式バーナイフ
刈幅(mm)760
公式サイト価格(税込)235,600円

他社の乗用式草刈機のコンパクトタイプより、さらに小型で刈刃も1本のため耐久性などは少し劣るかもしれませんが、この価格で乗用草刈機を使えるのは魅力的です。自走式草刈機より効率的で楽に切れると評価している人もいました。平坦な場所で、あまり草丈が高くない場所であれば、問題なく使うことができるでしょう。ただし簡単ですが組み立てなどの必要もあります。メンテナンスなども自分でやることが苦でない人にはおすすめです。

\1年保証/乗用草刈り機 エンジン式 4サイクル 12.5馬力 セル付き 刈り幅760mm 刈高6段調整 [乗用自走草刈り機 自走式 芝刈り機 芝刈機 エンジン式 乗用型 芝刈り機 自走式草刈機]/HG-SK9950K
ハイガー産業
¥ 248,000(2023/01/12 17:55時点)

購入時の注意点

配送

ハイガーの製品は、直営サイト(公式オンライン・楽天市場・Yahooショッピング・Amazon・au Payマーケット)で購入することができます。注意しなければならないのは、乗用草刈機の場合は家まで配送してはくれません。個人の場合は西濃運輸の営業所止め・法人の場合はフォークリフトがあるときのみ法人住所まで届けてくれます。西濃運輸から自宅までは、自分で軽トラなどを用意してフォークなどで荷下ろしする必要があります。

アフターサービス

ネットで購入すると、故障などのトラブルのときの対応が気になります。1年保証が付いているので安心です。故障の相談窓口もあるようですが、購入者の方の口コミには、回答が遅いなどのコメントもありました。故障したときなどは、特にすぐ対応してほしいものです。近くに提携している修理工場があるかも確認しておいたほうがよいでしょう。

パーツなどの細かく販売されており、交換動画もHPに掲載されています。自分である程度メンテナンスが行える人には、メンテナンスも安価に行えます。ベルトや刈刃などのメンテナンスは必ず必要になりますので、不安な人は提携しているサービスセンターが近くにあるかは確認しましょう。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました