農家web防除暦サービスのバナーです。
農業ソフトウェア

農業確定申告ソフト 選び方のポイントとおすすめソフト

当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

確定申告書 農業ソフトウェア

毎年3月に前年の収支を税務署に申告する確定申告。個人事業主の方には気が重い事務作業の一つではないでしょうか。

この記事では、確定申告に便利なソフトウェアを紹介するとともに、どんな申告ソフトが自分に合っているのか選び方のポイントについて、初めてソフトいウェアを使う人にももわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

確定申告について

確定申告とは、個人や個人事業主が1年間の所得(収入から経費などを差し引いた金額)を算出し、そこから所得税を計算して確定する手続きです。

1年間の所得とは1月1日~12月31日まで。翌年の3月15日までに所定の用紙に記載して、管轄の税務署に申告(提出)する必要があります。

対象者は、所得が20万円を超える個人及び個人事業主で、兼業農家であっても農業収入が20万円以上ある場合には申告が必要です。申告は不要でも所得計算は必要で、所得が20万円以下であることを証明できる帳簿は保存しておく必要があります。農業収入が赤字である場合も、他に所得があればそこから控除することができますし、青色申告では損失を翌年以降に繰り延べすることができるため、確定申告したほうがお得な場合もあります。

対象期間1月1日~12月31日
申告日翌年2月16日から3月15日までの間
対象者所得が20万円以上の個人(個人事業主)
スポンサーリンク

白色申告と青色申告

確定申告には青色申告と白色申告があります。通常は白色申告になり、農業者は、収支内訳書(農業所得用)に収支を記載して申告します。

青色申告は税務上の優遇があり節税効果が高くなります。青色申告をするためには、事前に税務署に届出書を提出し、所得に係る取引を正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳して、決算書類(損益計算書・貸借対照表)を申告時に提出する必要があります。

青色申告の主なメリットは、下記の4点。一番大きな節税は特別控除です。青色申告にするだけで、最大65万円まで所得から自動的に控除されます。また専従者給与は白色申告の場合、配偶者は86万円、その他の親族は50万円が経費として控除できますが、青色申告の場合、適正な給与金額であれば全額経費にすることができます。また赤字だった場合には翌年以降に赤字額を繰り延べできることや、収入保険に入れるのもメリットでしょう。

  • 青色申告特別控除が最大65万円
  • 青色事業専従者給与を必要経費にできる
  • 損失を翌年以降3年間繰り延べすることが可能
  • 収入保険に加入することができる

青色申告をするには、事前に税務署に届け出が必要です。「所得税の青色申告承認申請書」を申告する年の3月15日まで(2023年1月~2023年12月の確定申告をする場合は2023年3月15日まで)に税務署に申請しておく必要があります。

その年の1月16日以後に、新たに事業を開始した場合には、その事業開始等の日から2ヶ月以内に提出が必要です。

スポンサーリンク

ソフトウェアの選び方

確定申告には青色申告と白色申告があります。まず自分がどちらの申告をするのかで選ぶソフトは変わります。青色申告をしたくとも、事前に届け出を出していない場合は白色申告しかできませんので、注意しましょう。

白色申告の場合は、収入と経費は、簡易な記載が認められているため決算書の作成の必要がありません。そのため会計ソフトは必須ではなく、Excelなどでも十分対応できます。しかし農機具など高額なものを買った場合は、資産として減価償却費の計算が必要になりますのでそちらは、ソフトを使った方がよいでしょう。

青色申告の場合は、決算書の作成が必要になりますので一つのソフトで、決算書と申告書の両方がつくれるソフトが便利。無料の会計ソフトは簿記の知識がある程度ないと、作成は難易度が高いといえます。できれば専用のソフトウェアを使うのがおすすめ。月額料金で使える安価なソフトウェアもあります。

白色申告におすすめソフト

白色申告は、収支内訳書が作れるソフトがおすすめ。収支内訳書を作成してから国税局の確定申告コーナーで、その数値をもとに確定申告書を作れば申告が楽に行えます。

自治体やJAなどが無料でソフトを提供しています。市などのHPで提供されており、それに基づいて相談や補助してくれるところもあるので一度お住まいの地域の自治体を確認してみるとよいでしょう。

ここでは2つ紹介します。東近江市のソフトは、計算シートに領収書や通帳を元に入力していくことで、収支内訳書が作れます。減価償却も入力可能で、ソフトの説明も詳しく書かれているので使いやすいです。ただしマクロが組まれているので、お使いのパソコンによって動作がうまくいかないことや、マクロのブロック解除などが必要な場合もあります。

東近江市 農業収支計算ソフト

長野県高山市のソフトは、それぞれの収入や経費ごとに入力していくと最終的には収支内訳書ができる無料のエクセルシートです。マクロなどが組まれていない単純なExcelソフトです。

長野県高山市 農業所得収支計算用ソフト

市販のソフトでも、農業の収支報告書に対応している会計ソフトもあります。クラウド会計ソフトのfreeeは、白色申告も青色申告にも対応しており、クラウド型のためパソコンにインストールせずに、インターネットにつながればどこでも使えるのが魅力です。月額で使えるので、今後青色申告に挑戦したいというかたにもおすすめです。

青色申告におすすめソフト

青色申告する人には、農業簿記・農業申告に対応している青色申告ソフトや会計ソフトがおすすめです。パソコンにインストールして使うタイプには、ソリマチの「農業簿記12」や「らくらく青色申告農業版」が農業に特化しています。

農業簿記12は、大手会計ソフト会社のソリマチが作っているソフトで、農業特有の科目などが設定されており、カスタマイズする必要はありません。JA全中推奨製品で、サポートなども充実しています。少し価格が高いですが、新規就農者応援特別価格キャンペーンを行っていて、該当する方は定価(66,000円)の半額で農業簿記11を購入することができます。

【日本全国送料無料】最新版だけをお届けします!ソリマチ農業簿記12
会計そふとProShop
¥ 59,400(2024/06/11 02:21時点)

らくらく青色申告もインストール型のソフトウエアです。このソフトは、より簿記や仕訳、勘定科目、帳簿、記帳等の知識がない方向けに作られており、単式簿記のような感覚で作成していくことができます。ただし、画面の見やすさや項目の設定など、パソコンで数字を入力したりすること(エクセルなど)に慣れていない方は、難しく感じるかもしれません。大手のようなサポート受けられませんが、価格もリーズナブルなので、ある程度パソコンに慣れている方にはお勧めします。

最後にクラウド型の会計ソフト「freee(フリー)」を紹介します。以前はインストール型の会計ソフトが主流でしたが、現在はクラウド型のソフトも人気があります。パソコンにインストールする必要がなく、インターネットがあればどこでも使え、税制の改正にも自動でアップデートされます。

freeeは、農業簿記にも対応しており勘定科目を設定する必要はありますが、一度設定すれば申告まで一括で行えます。白色申告にも青色申告にも対応しています。また登録すればすぐ始められて、月額料金制なので無駄なく使うことができます。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

農薬販売届 受付番号:210-0099

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
タイトルとURLをコピーしました