日農アグロスリン水和剤の商品紹介

画像がありません。

by Amazon Product Advertising API

自動取得のため実際の商品と画像が異なる場合がございます。 予めご了承ください。

共有する ツイート お気に入り
累計閲覧数
10回

日農アグロスリン水和剤

種類名
シペルメトリン水和剤
メーカー
日本農薬株式会社 メーカーサイト
剤型名
水和剤
用途
殺虫剤

概要

日農アグロスリン水和剤の性状は、淡褐色水和性粉末で合成ピレストロイド系の園芸用殺虫剤です。 カメムシ類、アブラムシ類、アザミウマ類など、果樹、野菜類の主要な害虫の防除に効果を発揮します。 耐光、耐雨性に優れるので長期間効果が持続します。

自動取得のためリンク先の商品が異なる場合がございます。

有効成分情報

成分名称 含有濃度 IRAC FRAC HRAC
シペルメトリン 6.00% 3A

適用表

作物名 適用病害虫名 希釈倍率 使用液量 使用時期 使用方法 本剤の使用回数 シペルメトリンを含む使用回数
かんきつ アケビコノハ 2000倍 200~700㍑/10a 収穫7日前まで 散布 3回以内 3回以内
かんきつ ヒメエグリバ 2000倍 200~700㍑/10a 収穫7日前まで 散布 3回以内 3回以内
かんきつ アブラムシ類 2000倍 200~700㍑/10a 収穫7日前まで 散布 3回以内 3回以内
かんきつ カメムシ類 2000倍 200~700㍑/10a 収穫7日前まで 散布 3回以内 3回以内
かんきつ チャノキイロアザミウマ 2000倍 200~700㍑/10a 収穫7日前まで 散布 3回以内 3回以内
りんご アブラムシ類 2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
りんご ギンモンハモグリガ 2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
りんご キンモンホソガ 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
りんご シンクイムシ類 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
りんご ハマキムシ類 1000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
りんご モモチョッキリゾウムシ 1000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
りんご ヒメシロモンドクガ 1000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
なし ナシチビガ 1000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 3回以内 3回以内
なし アブラゼミ 1000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 3回以内 3回以内
なし シンクイムシ類 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 3回以内 3回以内
なし カメムシ類 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 3回以内 3回以内
なし アブラムシ類 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 3回以内 3回以内
なし ハマキムシ類 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 3回以内 3回以内
もも モモハモグリガ 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
もも シンクイムシ類 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
もも アブラムシ類 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
もも アカエグリバ 2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
もも アケビコノハ 2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
もも オオエグリバ 2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
もも ヒメエグリバ 2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
もも カメムシ類 2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
かき カメムシ類 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 3回以内 3回以内
かき カキノヘタムシガ 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 3回以内 3回以内
かき アザミウマ類 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 3回以内 3回以内
ぶどう フタテンヒメヨコバイ 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫21日前まで 散布 5回以内 5回以内
ぶどう チャノキイロアザミウマ 1000~3000倍 200~700㍑/10a 収穫21日前まで 散布 5回以内 5回以内
ぶどう コガネムシ類 2000倍 200~700㍑/10a 収穫21日前まで 散布 5回以内 5回以内
くり クリタマバチ 1000倍 200~700㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
くり クリシギゾウムシ 1500~3000倍 200~700㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
おうとう ショウジョウバエ類 1000倍 200~700㍑/10a 収穫3日前まで 散布 2回以内 2回以内
おうとう オウトウハマダラミバエ 1000倍 200~700㍑/10a 収穫3日前まで 散布 2回以内 2回以内
うめ アブラムシ類 2000倍 200~700㍑/10a 収穫7日前まで 散布 3回以内 3回以内
すもも シンクイムシ類 1000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
すもも カメムシ類 1000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
ネクタリン シンクイムシ類 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
ネクタリン アブラムシ類 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
ネクタリン モモハモグリガ 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
ネクタリン カメムシ類 2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
くるみ アメリカシロヒトリ 1000~2000倍 200~700㍑/10a 収穫前日まで 散布 3回以内 3回以内
キャベツ アオムシ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
キャベツ コナガ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
キャベツ アブラムシ類 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
キャベツ ヨトウムシ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
キャベツ タマナギンウワバ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
キャベツ アザミウマ類 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
はくさい アオムシ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
はくさい コナガ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
はくさい アブラムシ類 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
はくさい ヨトウムシ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
はくさい ハスモンヨトウ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
はくさい アザミウマ類 1000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
だいこん アオムシ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
だいこん コナガ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
だいこん アブラムシ類 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
だいこん ヨトウムシ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
はつかだいこん アオムシ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫3日前まで 散布 1回 1回
はつかだいこん コナガ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫3日前まで 散布 1回 1回
はつかだいこん アブラムシ類 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫3日前まで 散布 1回 1回
はつかだいこん ヨトウムシ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫3日前まで 散布 1回 1回
なばな アブラムシ類 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 3回以内 3回以内
レタス アブラムシ類 2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
非結球レタス アブラムシ類 2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
ピーマン アブラムシ類 2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
ピーマン タバコガ 2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
きゅうり オンシツコナジラミ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
きゅうり アブラムシ類 1000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
きゅうり ミナミキイロアザミウマ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
なす オンシツコナジラミ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
なす アブラムシ類 1000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
なす ミナミキイロアザミウマ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
トマト アブラムシ類 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
トマト オンシツコナジラミ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
ミニトマト アブラムシ類 2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
ミニトマト オンシツコナジラミ 2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 2回以内 2回以内
すいか アブラムシ類 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
メロン アブラムシ類 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布 5回以内 5回以内
たまねぎ アザミウマ類 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
みょうが(花穂) アブラムシ類 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布、但し花穂の発生期にはマルチフィルム被覆により散布液が直接花穂に飛散しない状態で使用する。 5回以内 5回以内
みょうが(花穂) アザミウマ類 1000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布、但し花穂の発生期にはマルチフィルム被覆により散布液が直接花穂に飛散しない状態で使用する。 5回以内 5回以内
みょうが(花穂) ハスモンヨトウ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 散布、但し花穂の発生期にはマルチフィルム被覆により散布液が直接花穂に飛散しない状態で使用する。 5回以内 5回以内
みょうが(茎葉) アブラムシ類 1000~2000倍 100~300㍑/10a みょうが(花穂)の収穫前日まで 但し、花穂を収穫しない場合にあっては開花期終了まで 散布 5回以内 5回以内
みょうが(茎葉) アザミウマ類 1000倍 100~300㍑/10a みょうが(花穂)の収穫前日まで 但し、花穂を収穫しない場合にあっては開花期終了まで 散布 5回以内 5回以内
みょうが(茎葉) ハスモンヨトウ 1000倍 100~300㍑/10a みょうが(花穂)の収穫前日まで 但し、花穂を収穫しない場合にあっては開花期終了まで 散布 5回以内 5回以内
ばれいしょ アブラムシ類 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 4回以内 4回以内
てんさい ヨトウムシ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫14日前まで 散布 4回以内 4回以内
かんしょ ナカジロシタバ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
かんしょ ハスモンヨトウ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
かんしょ イモコガ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
かんしょ エビガラスズメ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
かんしょ コナジラミ類 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
かんしょ ネギアザミウマ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
かんしょ ヨトウムシ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
かんしょ アブラムシ類 2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 5回以内 5回以内
かんしょ(茎葉) ナカジロシタバ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
かんしょ(茎葉) ハスモンヨトウ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
かんしょ(茎葉) イモコガ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
かんしょ(茎葉) エビガラスズメ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
かんしょ(茎葉) コナジラミ類 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
かんしょ(茎葉) ネギアザミウマ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
かんしょ(茎葉) ヨトウムシ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
かんしょ(茎葉) ハムシ類 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
かんしょ(茎葉) アブラムシ類 2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
チャノコカクモンハマキ 1000倍 200~400㍑/10a 摘採14日前まで 散布 1回 1回
チャノホソガ 1000倍 200~400㍑/10a 摘採14日前まで 散布 1回 1回
チャハマキ 1000倍 200~400㍑/10a 摘採14日前まで 散布 1回 1回
ヨモギエダシャク 1000~2000倍 200~400㍑/10a 摘採14日前まで 散布 1回 1回
チャノミドリヒメヨコバイ 1000~2000倍 200~400㍑/10a 摘採14日前まで 散布 1回 1回
チャノキイロアザミウマ 1000~2000倍 200~400㍑/10a 摘採14日前まで 散布 1回 1回

特徴

強い殺虫力と速効性

有効成分のシペルメトリンにより、神経機能のマヒによる殺虫を行うため接触による、強い殺虫力と速効性があります。

残効性と忌避性

残効性もあり、害虫の産卵抑制、食害抑制や寄生阻害などの忌避作用もあるため、発生初期の防除で効果を発揮します。

使用方法

粉末ですので、水で希釈して散布します。

農家web編集部からのポイント

浸透移行性について

浸透移行性はないため、薬液のかかりにくい葉裏や下葉などにもむらなく散布するようにしてください。

抵抗性害虫について

有機リン系やカーバメート系といった神経系に作用する薬剤の抵抗性害虫にも効果を発揮します。
同系統の連続使用は避け、殺虫作用の異なるローテーション散布をすることで抵抗性を遅らせることができます。

使用上の注意

注意事項

  • ボルドー液と混用する場合は使用直前に混合する。
  • くりのクリタマバチには羽化脱出期、クリシギゾウムシには裂果前にそれぞれ使用する。
  • 本剤の茶での散布は、場合によりハダニ類が増えることがあるので注意する。
  • 蚕に長期間毒性があるので、散布された薬剤が飛散し、桑に付着するおそれのある場所では使用しない。
  • ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意する。
    1. ミツバチの巣箱及びその周辺にかからないようにする。
    2. 受粉促進を目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用をさける。
    3. 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努める。
    4. 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用する。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
    5. 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

安全使用上の注意事項

  • 医薬用外劇物。取扱いには十分注意する。誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせる。使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受ける。
  • 眼に対して刺激性があるので、眼に入らないように注意する。眼に入った場合には、直ちに水洗し、眼科医の手当を受ける。
  • 散布の際は防護マスク、手袋、不浸透性防除衣などを着用する。また散布液を吸い込んだり、浴びたりしないよう注意し、作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをするとともに洗眼する。
  • 本剤による中毒の治療法としては動物実験でメトカルバモール製剤の投与が有効であると報告されている。
  • のど、鼻、皮膚などを刺激する場合、またかゆみを生じる場合があるので注意する。
  • 摘果等の作業の際は、農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用する。

水産動植物に対する注意事項

  • 水産動植物(魚類)に強い影響を及ぼす恐れがあるので、河川、湖沼及び海域等に飛散、流入しないよう注意して使用する。養殖池周辺での使用は避ける。
  • 水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用する。
  • 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきる。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さない。また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理する。

スポンサードリンク