マイコシールドの商品紹介

マイコシールドの画像

by Amazon Product Advertising API

自動取得のため実際の商品と画像が異なる場合がございます。 予めご了承ください。

共有する ツイート お気に入り
累計閲覧数
10回

マイコシールド

種類名
オキシテトラサイクリン水和剤
メーカー
日本曹達株式会社 メーカーサイト
剤型名
水和剤
用途
殺菌剤

概要

放線菌から産出された天然の抗菌性物質であるテトラマイシンを高濃度で処方しています。テトラマイシンが細菌のタンパク質合成を阻害することで、高い抗菌活性を示します。性状は、淡褐色水和性粉末です。

自動取得のためリンク先の商品が異なる場合がございます。

有効成分情報

成分名称 含有濃度 IRAC FRAC HRAC
オキシテトラサイクリン 31.5000% 41

適用表

作物名 適用病害虫名 希釈倍率 使用液量 使用時期 使用方法 本剤の使用回数 オキシテトラサイクリンを含む使用回数
もも せん孔細菌病 1500~3000倍 200~700㍑/10a 収穫21日前まで 散布 5回以内 5回以内
ネクタリン せん孔細菌病 1500倍 200~700㍑/10a 収穫28日前まで 散布 5回以内 5回以内
すもも 黒斑病 2000倍 200~700㍑/10a 収穫21日前まで 散布 3回以内 3回以内
おうとう 樹脂細菌病 1500倍 200~700㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
うめ かいよう病 1500倍 200~700㍑/10a 収穫21日前まで 散布 4回以内 4回以内
あんず かいよう病 1500~3000倍 200~700㍑/10a 収穫14日前まで 散布 2回以内 2回以内
かんきつ(みかんを除く) かいよう病 1000倍 200~700㍑/10a 収穫30日前まで 散布 2回以内 2回以内
みかん かいよう病 1000倍 200~700㍑/10a 収穫60日前まで 散布 2回以内 2回以内
だいこん 軟腐病 750~1000倍 100~300㍑/10a 収穫14日前まで 散布 3回以内 3回以内
きゅうり 斑点細菌病 1500倍 - は種前 1~2時間種子浸漬 1回 1回
トマト かいよう病 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫開始7日前まで 散布 2回以内 2回以内
ブロッコリー 花蕾腐敗病 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫14日前まで 散布 2回以内 2回以内
キャベツ 黒腐病 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
ばれいしょ 軟腐病 1000倍 100~300㍑/10a 収穫21日前まで 散布 5回以内 5回以内(種いもへの処理は1回以内)
樹木類 枝枯細菌病 1000倍 200~700㍑/10a 新梢伸長期~発病初期 散布 5回以内 5回以内

特徴

放線菌から産出された天然の抗菌性物質

放線菌から産出された天然の抗菌性物質であるテトラマイシンを高濃度で処方しています。

高い抗菌活性

テトラマイシンが細菌のタンパク質合成を阻害することで、高い抗菌活性を示します。

核果類果樹で高い効果

うめやももなどの核果類果樹で高い防除効果があります。

使用方法

登録内容にしたがって、散布します。

使用上の注意

効果・薬害などの注意

1.散布液調製後はできるだけ速やかに散布してください。
2.石灰硫黄合剤との混用はさけてください。
3.散布直後の降雨は効果を減ずるので、天候を見極めてから散布してください。
4.もものせん孔細菌病に対しては、ときには葉先の黄化などの薬害を生じるので注意してください。
5.きゅうりの種子消毒に対しては、播種前に種子を所定の浸漬時間及び希釈倍数で処理してください。
6.うめに使用する場合、希釈倍数等使用方法を誤ると、葉の退緑斑、果皮の退緑化等の薬害を生じるので注意してください。
7.適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。

安全使用上の注意

8.本剤は眼に対して弱い刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
9.使用の際は防護マスク、不浸透性手袋、不浸透性防除衣などを着用するとともに保護クリームを使用をしてください。作業後は直ちに身体を洗い流し、うがいをするとともに衣服を交換してください。
10.作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。
11.かぶれやすい体質の人は作業に従事しないようにし、施用した作物等との接触をさけてください。
12.夏期高温時の使用をさけてください。
13.街路、公園等で使用する場合は、使用中及び使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない者が使用区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
保管:直射日光をさけ、食品と区別して、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管してください。

スポンサードリンク