チルト乳剤25の商品紹介

チルト乳剤25の画像

by Amazon Product Advertising API

自動取得のため実際の商品と画像が異なる場合がございます。 予めご了承ください。

共有する ツイート お気に入り
累計閲覧数
15回

チルト乳剤25

種類名
プロピコナゾール乳剤
メーカー
シンジェンタ ジャパン株式会社 メーカーサイト
剤型名
乳剤
用途
殺菌剤

概要

チルトは主に麦で使用する、赤かび病の仕上げ防除や、デントコーンのすす紋病まん延防止にかかせない殺菌剤です。浸透移行性の殺菌剤で,茎葉散布によって速やかに植物体にとり込まれ,安定した防除効果が期待できます。

自動取得のためリンク先の商品が異なる場合がございます。

有効成分情報

成分名称 含有濃度 IRAC FRAC HRAC
プロピコナゾール 25.0000% 3

適用表

作物名 適用病害虫名 希釈倍率 使用液量 使用時期 使用方法 本剤の使用回数 プロピコナゾールを含む使用回数
小麦 赤さび病 1000~3000倍 60~150㍑/10a 収穫3日前まで 散布 3回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 赤さび病 250~500倍 25㍑/10a 収穫3日前まで 散布 3回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 うどんこ病 2000~3000倍 60~150㍑/10a 収穫3日前まで 散布 3回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 赤かび病 8倍 800mL/10a 収穫7日前まで 無人航空機による散布 3回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 赤かび病 1000~2000倍 60~150㍑/10a 収穫3日前まで 散布 3回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 眼紋病 1000~2000倍 60~150㍑/10a 収穫3日前まで 散布 3回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 黒変病 1000~2000倍 60~150㍑/10a 収穫3日前まで 散布 3回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 黄斑病 1000倍 60~150㍑/10a 収穫3日前まで 散布 3回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 葉枯症 1000倍 60~150㍑/10a 収穫3日前まで 散布 3回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 なまぐさ黒穂病 8倍 800mL/10a 根雪前 無人航空機による散布 2回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 なまぐさ黒穂病 750倍 60~150㍑/10a 根雪前 散布 2回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 紅色雪腐病 750~1000倍 60~150㍑/10a 根雪前 散布 2回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 雪腐小粒菌核病 750~1000倍 60~150㍑/10a 根雪前 散布 2回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 雪腐小粒菌核病 8倍 800mL/10a 根雪前 無人航空機による散布 2回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
小麦 雪腐小粒菌核病 150倍 25㍑/10a 根雪前 散布 2回以内 5回以内(根雪前は2回以内、春期以降は3回以内)
大麦 雲形病 1000倍 60~150㍑/10a 収穫21日前まで 散布 1回 1回
大麦 網斑病 1000倍 60~150㍑/10a 収穫21日前まで 散布 1回 1回
大麦 うどんこ病 2000~3000倍 60~150㍑/10a 収穫21日前まで 散布 1回 1回
大麦 赤かび病 1000~2000倍 60~150㍑/10a 収穫21日前まで 散布 1回 1回
大麦 赤かび病 8倍 800mL/10a 収穫21日前まで 無人航空機による散布 1回 1回
とうもろこし すす紋病 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
飼料用とうもろこし すす紋病 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 散布 2回以内 2回以内
飼料用とうもろこし すす紋病 8倍 800mL/10a 収穫7日前まで 無人航空機による散布 2回以内 2回以内
飼料用とうもろこし すす紋病 16倍 1600mL/10a 収穫7日前まで 無人航空機による散布 2回以内 2回以内
きく 白さび病 3000倍 100~300㍑/10a 発病初期 散布 3回以内 3回以内

特徴

  • 浸透移行性殺菌剤で,子のう菌,坦子菌,不完全菌類の広範囲の糸状菌に対して抗菌活性を有し、赤かび病を引き起こす2つの病原菌に効きます。
  • 浸透移行性の殺菌剤で,茎葉散布によって速やかに植物体にとり込まれ,安定した防除効果が期待できます。
  • 小麦の収穫予定が早まっても、収穫3日前まで使えるので安心です。

使用方法

性状は黄赤色澄明可乳化油状液体です。水で希釈して散布します。

農家web編集部からのポイント

  • 連用は耐性菌の発生を助長することが考えられるので控えましょう。
  • 幼苗期の野菜,ジャガイモ,マメ類,タマネギ,テンサイに対して,かからないようにしましょう。
  • エルゴステロール合成阻害剤を連用することによって耐性菌が発生する可能性があります。本剤を含めエルゴステロール合成阻害剤の連用は避けましょう。

使用上の注意

効果・薬害等の注意

  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
  • 眼紋病に対して、本剤2000倍で使用する場合は節間伸長期頃に2回散布してください。
  • 本剤はイネ科以外の畑作物(野菜類、豆類等)、果樹類および茶等に飛散すると、生育抑制や縮葉などの薬害を生じるおそれがあるので、周辺に栽培されている作物へは飛散しないよう十分注意して散布してください。
  • 本剤の連続使用により薬剤耐性菌が出現するおそれがあるので、連用をさけ作用性の異なる薬剤と組み合わせて輪番で使用してください。
  • 本剤を無人航空機による散布に使用する場合は次の注意事項を守ってください。
  • 散布は各散布機種の散布基準に従って実施してください。
  • 散布機種に適合した散布装置を使用してください。
  • 散布中に薬液が漏れないよう、機体の散布配管やその他の散布装置の点検を十分に行ってください。
  • 自動車の塗装汚染等、散布薬液の飛散による他の分野への影響に注意して、散布地域の選定に注意し、散布区域内の諸物件に十分留意してください。
  • 小麦に使用する場合、高温条件下では、葉に薬害(ネクロシス)を生じるおそれがあるので、高温時の散布をさけてください。
  • 散布終了後は次の項目を守ってください。
    • 使用後の空容器は放置せず、安全な場所に廃棄してください。
    • 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきってください。
    • 機体の散布装置は十分洗浄してください。また、薬液タンクの洗浄廃液は河川等に流さないでください。
  • 小麦に対して希釈倍数150〜500倍(使用液量25L/10a)で散布する場合は、少量散布に適合したノズルを装着した乗用型の速度連動式地上液剤散布装置を使用してください。
  • 散布量は対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合わせ調節してください。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

安全使用上の注意

  • 誤飲などのないよう注意してください。
  • 本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。
  • 眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  • 使用後は洗眼してください。
  • 本剤は皮膚に対して強い刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意してください。
  • 付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
  • 散布液調製時及び散布の際は保護眼鏡、不浸透性手袋、ゴム長靴、不浸透性防除衣などを着用してください。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。

環境保護上の注意

  • 散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空容器等は水産動物に影響を与えないよう適切に処理してください。

貯蔵上の注意

  • 危険物第4類第2石油類に属するので火気には十分注意してください。
  • 火気をさけ、直射日光が当らない低温な場所に密栓して保管してください。

スポンサードリンク