ユーゲサイドDの商品紹介

画像がありません。

by Amazon Product Advertising API

自動取得のため実際の商品と画像が異なる場合がございます。 予めご了承ください。

共有する ツイート お気に入り
累計閲覧数
77回

ユーゲサイドD

種類名
ダイアジノン・メチルオイゲノール油剤
メーカー
サンケイ化学株式会社 メーカーサイト
剤型名
油剤
用途
その他

自動取得のためリンク先の商品が異なる場合がございます。

有効成分情報

成分名称 含有濃度 IRAC FRAC HRAC
ダイアジノン 5.0000% 1B
メチルオイゲノール 80.0000% 「-」 「-」 「-」

適用表

作物名 適用病害虫名 希釈倍率 使用液量 使用時期 使用方法 本剤の使用回数 ダイアジノンを含む使用回数 メチルオイゲノールを含む使用回数
パパイヤ ミカンコミバエ ①1×3cmの綿棒に本剤約2gを吸収させ発生地域(村落、果樹園、畑等)に1ha当り5~10本の割合で樹木等に吊り下げて設置する。②直径6~7mm長さ150mの純綿ロープに本剤2.5kgを吸収させた後、5~10cmに切断して発生地域(村落、果樹園、畑等を除く。)に1ha当り6~12本の割合で航空機から投下する。③本剤を4.5×4.5×0.9cmのテックス板1枚当り10g(±2g)又は6×6×0.9cmのテックス板1枚当り約25gを吸収させて発生地域(村落、果樹園、畑を除く。)に航空機から投下するか、村落、果樹園、畑の樹木等に吊り下げて設置する。(1~3枚/1ha)
マンゴー ミカンコミバエ ①1×3cmの綿棒に本剤約2gを吸収させ発生地域(村落、果樹園、畑等)に1ha当り5~10本の割合で樹木等に吊り下げて設置する。②直径6~7mm長さ150mの純綿ロープに本剤2.5kgを吸収させた後、5~10cmに切断して発生地域(村落、果樹園、畑等を除く。)に1ha当り6~12本の割合で航空機から投下する。③本剤を4.5×4.5×0.9cmのテックス板1枚当り10g(±2g)又は6×6×0.9cmのテックス板1枚当り約25gを吸収させて発生地域(村落、果樹園、畑を除く。)に航空機から投下するか、村落、果樹園、畑の樹木等に吊り下げて設置する。(1~3枚/1ha)
かんきつ ミカンコミバエ ①1×3cmの綿棒に本剤約2gを吸収させ発生地域(村落、果樹園、畑等)に1ha当り5~10本の割合で樹木等に吊り下げて設置する。②直径6~7mm長さ150mの純綿ロープに本剤2.5kgを吸収させた後、5~10cmに切断して発生地域(村落、果樹園、畑等を除く。)に1ha当り6~12本の割合で航空機から投下する。③本剤を4.5×4.5×0.9cmのテックス板1枚当り10g(±2g)又は6×6×0.9cmのテックス板1枚当り約25gを吸収させて発生地域(村落、果樹園、畑を除く。)に航空機から投下するか、村落、果樹園、畑の樹木等に吊り下げて設置する。(1~3枚/1ha)
バンジロウ ミカンコミバエ ①1×3cmの綿棒に本剤約2gを吸収させ発生地域(村落、果樹園、畑等)に1ha当り5~10本の割合で樹木等に吊り下げて設置する。②直径6~7mm長さ150mの純綿ロープに本剤2.5kgを吸収させた後、5~10cmに切断して発生地域(村落、果樹園、畑等を除く。)に1ha当り6~12本の割合で航空機から投下する。③本剤を4.5×4.5×0.9cmのテックス板1枚当り10g(±2g)又は6×6×0.9cmのテックス板1枚当り約25gを吸収させて発生地域(村落、果樹園、畑を除く。)に航空機から投下するか、村落、果樹園、畑の樹木等に吊り下げて設置する。(1~3枚/1ha)
ピーマン ミカンコミバエ ①1×3cmの綿棒に本剤約2gを吸収させ発生地域(村落、果樹園、畑等)に1ha当り5~10本の割合で樹木等に吊り下げて設置する。②直径6~7mm長さ150mの純綿ロープに本剤2.5kgを吸収させた後、5~10cmに切断して発生地域(村落、果樹園、畑等を除く。)に1ha当り6~12本の割合で航空機から投下する。③本剤を4.5×4.5×0.9cmのテックス板1枚当り10g(±2g)又は6×6×0.9cmのテックス板1枚当り約25gを吸収させて発生地域(村落、果樹園、畑を除く。)に航空機から投下するか、村落、果樹園、畑の樹木等に吊り下げて設置する。(1~3枚/1ha) 3回以内(生育期は2回以内)
もも ミカンコミバエ ①1×3cmの綿棒に本剤約2gを吸収させ発生地域(村落、果樹園、畑等)に1ha当り5~10本の割合で樹木等に吊り下げて設置する。②直径6~7mm長さ150mの純綿ロープに本剤2.5kgを吸収させた後、5~10cmに切断して発生地域(村落、果樹園、畑等を除く。)に1ha当り6~12本の割合で航空機から投下する。③本剤を4.5×4.5×0.9cmのテックス板1枚当り10g(±2g)又は6×6×0.9cmのテックス板1枚当り約25gを吸収させて発生地域(村落、果樹園、畑を除く。)に航空機から投下するか、村落、果樹園、畑の樹木等に吊り下げて設置する。(1~3枚/1ha) 4回以内

スポンサードリンク