タチガレン液剤の商品紹介

タチガレン液剤の画像

by Amazon Product Advertising API

自動取得のため実際の商品と画像が異なる場合がございます。 予めご了承ください。

共有する ツイート お気に入り
累計閲覧数
3回

タチガレン液剤

種類名
ヒドロキシイソキサゾール液剤
メーカー
三井化学アグロ株式会社 メーカーサイト
剤型名
液剤
用途
殺菌剤

自動取得のためリンク先の商品が異なる場合がございます。

有効成分情報

成分名称 含有濃度 IRAC FRAC HRAC
ヒドロキシイソキサゾールカリウム 41.52%

適用表

作物名 適用病害虫名 希釈倍率 使用液量 使用時期 使用方法 本剤の使用回数 ヒドロキシイソキサゾールを含む使用回数
稲(箱育苗) 苗立枯病(フザリウム菌) 500~1000倍 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5㍑)1箱当り500mL は種時及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(箱育苗) 苗立枯病(ピシウム菌) 500~1000倍 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5㍑)1箱当り500mL は種時及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(箱育苗) 根の生育促進 500~1000倍 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5㍑)1箱当り500mL は種時及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(箱育苗) 移植時の発根及び活着促進 500~1000倍 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5㍑)1箱当り500mL は種時及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(箱育苗) ムレ苗防止 500~1000倍 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5㍑)1箱当り500mL は種時及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(箱育苗) ごま葉枯病 500倍 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5㍑)1箱当り500mL は種時 土壌灌注 1回 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(箱育苗) 苗立枯病(フザリウム菌) 1000倍 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5㍑)1箱当り1㍑ は種時及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(箱育苗) 苗立枯病(ピシウム菌) 1000倍 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5㍑)1箱当り1㍑ は種時及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(箱育苗) 根の生育促進 1000倍 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5㍑)1箱当り1㍑ は種時及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(箱育苗) 移植時の発根及び活着促進 1000倍 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5㍑)1箱当り1㍑ は種時及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(箱育苗) ムレ苗防止 1000倍 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5㍑)1箱当り1㍑ は種時及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(箱育苗) ごま葉枯病 1000倍 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5㍑)1箱当り1㍑ は種時 土壌灌注 1回 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(折衷苗代) 苗立枯病(フザリウム菌) 500倍 1㍑/㎡ は種直後及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(折衷苗代) 苗立枯病(ピシウム菌) 500倍 1㍑/㎡ は種直後及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(畑苗代) 苗立枯病(フザリウム菌) 1000倍 3㍑/㎡ は種直後及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(畑苗代) 苗立枯病(ピシウム菌) 1000倍 3㍑/㎡ は種直後及び発芽後 土壌灌注 2回以内 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(畑苗代) 根の生育促進 1000倍 3㍑/㎡ は種直後 土壌灌注 1回 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
稲(畑苗代) 移植時の発根及び活着促進 1000倍 3㍑/㎡ は種直後 土壌灌注 1回 3回以内(移植前の土壌混和は1回以内、移植前の土壌灌注は2回以内)
キャベツ ピシウム腐敗病 1000倍 セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm・使用土壌約3.0~4.0㍑)当り0.5㍑ 出芽時~育苗期 土壌灌注 3回以内 3回以内
レタス バーティシリウム萎凋病 1000倍 250mL/株 定植時 株元灌注 1回 1回
すいか 苗立枯病 500~1000倍 3㍑/㎡ は種直後 苗床灌注 1回 2回以内(育苗土壌への混和は1回以内、苗床への灌注は1回以内)
きゅうり 苗立枯病(フザリウム菌) 500~1000倍 3㍑/㎡ は種直後 土壌灌注 3回以内 3回以内
きゅうり 苗立枯病(ピシウム菌) 500~1000倍 3㍑/㎡ は種直後 土壌灌注 3回以内 3回以内
メロン 苗立枯病(ピシウム菌) 500倍 3㍑/㎡ は種時 全面土壌灌注 1回 1回
ほうれんそう 立枯病 500~1000倍 3㍑/㎡ は種時 土壌灌注 1回 1回
ほうれんそう 立枯病 1500~3000倍 9㍑/㎡ は種時 土壌灌注 1回 1回
ほうれんそう 立枯病 50~100倍 300mL/㎡ は種前 全面散布後土壌混和 1回 1回
オクラ 苗立枯病(ピシウム菌) 500~1000倍 50~200mL/株 は種時~発芽初期 植穴又は株元灌注 2回以内 2回以内
さやいんげん 白絹病 500倍 1㍑/㎡ 収穫14日前まで 土壌灌注 3回以内 3回以内
さやえんどう 根腐病 500~1000倍 3㍑/㎡ は種後及び生育期 但し、は種後1~2か月後まで は種穴又は株元に土壌灌注 3回以内 3回以内
実えんどう 立枯病 500倍 200mL/株 は種後及び生育期 但し、は種後1~2か月後まで は種穴又は株元に土壌灌注 3回以内 3回以内
未成熟そらまめ 立枯病 500倍 200mL/株 は種後及び生育期 但し、収穫30日前まで は種穴又は株元に土壌灌注 3回以内 3回以内
てんさい 苗立枯病 500~1000倍 ペーパーポット1冊当り1㍑ は種時~生育初期 但し、収穫120日前まで 灌注 3回以内 5回以内(種子粉衣は1回以内、育苗土壌への混和は1回以内、灌注は3回以内)
てんさい 苗立枯病 500~1000倍 3㍑/㎡ は種時~生育初期 但し、収穫120日前まで 灌注 3回以内 5回以内(種子粉衣は1回以内、育苗土壌への混和は1回以内、灌注は3回以内)
みずな 立枯病 500倍 3㍑/㎡ は種時 土壌灌注 1回 1回
みぶな 立枯病 1000倍 3㍑/㎡ は種時 土壌灌注 1回 1回
みつば 根腐病 2000倍 100~300㍑/10a 収穫14日前まで ただし、伏せ込み栽培は伏せ込み前まで 散布 1回 1回
いちご 苗の発根促進 1000倍 - 挿し芽採取時 30分間挿し芽浸漬 1回 2回以内(挿し芽採取時の浸漬処理は1回以内、挿し芽時の土壌灌注は1回以内)
いちご 活着促進 1000倍 - 挿し芽採取時 30分間挿し芽浸漬 1回 2回以内(挿し芽採取時の浸漬処理は1回以内、挿し芽時の土壌灌注は1回以内)
いちご 苗の発根促進 1000倍 1.5㍑/育苗培養土5㍑ 挿し芽時 土壌灌注 1回 2回以内(挿し芽採取時の浸漬処理は1回以内、挿し芽時の土壌灌注は1回以内)
いちご 活着促進 1000倍 1.5㍑/育苗培養土5㍑ 挿し芽時 土壌灌注 1回 2回以内(挿し芽採取時の浸漬処理は1回以内、挿し芽時の土壌灌注は1回以内)
たばこ 舞病 1000倍 100mL/株 移植時及び大土寄時 株元灌注 2回以内 2回以内
カーネーション 立枯病 500倍 3㍑/㎡ 定植時及び活着後 土壌灌注 3回以内 3回以内
アイリス 白絹病 1000~2000倍 3㍑/㎡ 定植時及び生育期 土壌灌注 6回以内 6回以内
きく 発根促進 1000倍 5~10㍑/㎡ 挿し芽直後 土壌灌注 1回 1回
林木(苗木) 立枯病 500~1000倍 3㍑/㎡ は種覆土直後 苗床全面灌注 1回 1回
西洋芝(ベントグラス) 赤焼病 500~1000倍 2㍑/㎡ 発病初期 散布 4回以内 6回以内
西洋芝(ベントグラス) ピシウム病 250~500倍 0.5㍑/㎡ 発病初期 散布 4回以内 6回以内

スポンサードリンク