NCSの商品紹介

NCSの画像

by Amazon Product Advertising API

自動取得のため実際の商品と画像が異なる場合がございます。 予めご了承ください。

共有する ツイート お気に入り
累計閲覧数
1回

NCS

種類名
カーバム剤
メーカー
ダウ・アグロサイエンス日本株式会社 メーカーサイト
剤型名
その他
用途
殺虫剤

自動取得のためリンク先の商品が異なる場合がございます。

有効成分情報

成分名称 含有濃度 IRAC FRAC HRAC
カーバム 50.0000% 8F 「-」 「-」

適用表

作物名 適用病害虫名 適用雑草名 希釈倍率 使用液量 使用時期 使用方法 本剤の使用回数 カーバムを含む使用回数
ねぎ(春播露地栽培苗床) 一年生雑草 原液として30㍑/10a は種14日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で1~2週間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後には種をする。 1回 1回
キャベツ バーティシリウム萎凋病 原液として30㍑/10a 植付14日前まで (散布全面処理<無被覆>)無被覆の場合、原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和をして、7~10日後にガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付をする。 1回 1回
まつ(伐倒木) マツノマダラカミキリ幼虫 被覆内容積1立方㍍当り原液0.5㍑ - 加害された伐倒木を配置し本剤を散布し、直ちにビニール等で密閉し、くん蒸する。 1回 1回
キャベツ バーティシリウム萎凋病 原液として30㍑/10a 植付14日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付をする。 1回 1回
まつ(伐倒木) マツノザイセンチュウ 被覆内容積1立方㍍当り原液0.5㍑ - 加害された伐倒木を配置し本剤を散布し、直ちにビニール等で密閉し、くん蒸する。 1回 1回
ねぎ(春播露地栽培苗床) 一年生雑草 原液として30㍑/10a は種14日前まで (散布表面処理)原液を水で30倍に希釈して、ジョウロ等で土壌表面に均一に散布して、ビニール等で1~2週間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後には種する。 1回 1回
キャベツ 根こぶ病 原液として30㍑/10a 植付14日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付をする。 1回 1回
わけぎ(春播露地栽培苗床) 一年生雑草 原液として30㍑/10a は種14日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で1~2週間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後には種をする。 1回 1回
まつ(伐倒木) マツノマダラカミキリ幼虫 被覆内容積1立方㍍当り原液1.0㍑ - 加害された伐倒木を配置し本剤を散布し、直ちにビニール等で密閉し、くん蒸する。 1回 1回
はくさい 根こぶ病 原液として30㍑/10a 植付14日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付をする。 1回 1回
わけぎ(春播露地栽培苗床) 一年生雑草 原液として30㍑/10a は種14日前まで (散布表面処理)原液を水で30倍に希釈して、ジョウロ等で土壌表面に均一に散布して、ビニール等で1~2週間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後には種する。 1回 1回
まつ(伐倒木) マツノザイセンチュウ 被覆内容積1立方㍍当り原液1.0㍑ - 加害された伐倒木を配置し本剤を散布し、直ちにビニール等で密閉し、くん蒸する。 1回 1回
あさつき(春播露地栽培苗床) 一年生雑草 原液として30㍑/10a は種14日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で1~2週間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後には種をする。 1回 1回
いぬまき(伐倒木) ケブカトラカミキリ 被覆内容積1立方㍍当り原液0.5㍑ - 加害された伐倒木を配置し本剤を散布し、直ちにビニール等で密閉し、くん蒸する。 1回 1回
はくさい 黄化病 原液として30㍑/10a 植付14日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付をする。 1回 1回
こんにゃく 根腐病 原液として30㍑/10a 植付30日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付をする。 1回 1回
いぬまき(伐倒木) ケブカトラカミキリ 被覆内容積1立方㍍当り原液1.0㍑ - 加害された伐倒木を配置し本剤を散布し、直ちにビニール等で密閉し、くん蒸する。 1回 1回
あさつき(春播露地栽培苗床) 一年生雑草 原液として30㍑/10a は種14日前まで (散布表面処理)原液を水で30倍に希釈して、ジョウロ等で土壌表面に均一に散布して、ビニール等で1~2週間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後には種する。 1回 1回
すぎ(伐倒木) スギカミキリ 被覆内容積1立方㍍当り原液0.5~1.0㍑ - 加害された伐倒木を配置し本剤を散布し、直ちにビニール等で密閉し、くん蒸する。 1回 1回
だいこん ネグサレセンチュウ 原液として30㍑/10a は種14日前まで (散布全面処理<無被覆>)無被覆の場合、原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和をして、7~10日後にガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後には種をする。 1回 1回
たまねぎ(秋播露地栽培苗床) 一年生雑草 原液として30㍑/10a は種30日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で1~2週間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後には種をする。 1回 1回
うめ(伐倒木) クビアカツヤカミキリ幼虫 被覆内容積1立方㍍当り原液1.0㍑ - 加害された伐倒木を配置し本剤を散布し、直ちにビニール等で密閉し、くん蒸する。 1回 1回
だいこん ネグサレセンチュウ 原液として30㍑/10a は種14日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後には種をする。 1回 1回
たまねぎ(秋播露地栽培苗床) 一年生雑草 原液として30㍑/10a は種30日前まで (散布表面処理)原液を水で30倍に希釈して、ジョウロ等で土壌表面に均一に散布して、ビニール等で1~2週間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後には種する。 1回 1回
トマト 青枯病 原液として30㍑/10a 植付14日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付をする。 1回 1回
さくら(伐倒木) クビアカツヤカミキリ幼虫 被覆内容積1立方㍍当り原液1.0㍑ - 加害された伐倒木を配置し本剤を散布し、直ちにビニール等で密閉し、くん蒸する。 1回 1回
芝(目土用土消毒) 一年生雑草 目土用土1立方㍍当り30倍液6㍑ 目土用土作成時 ジョウロ等で均一に灌注し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
トマト 褐色根腐病 原液として30㍑/10a 植付14日前まで (灌水チューブ法)予め灌水チューブを設置し、ビニール等で被覆する。原液30㍑を水と共に10a当り水量が3000㍑(100倍希釈)になるように灌水注入して、7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付又はは種をする。 1回 1回
芝(目土用土消毒) 多年生雑草 目土用土1立方㍍当り30倍液6㍑ 目土用土作成時 ジョウロ等で均一に灌注し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
すもも(伐倒木) クビアカツヤカミキリ幼虫 被覆内容積1立方㍍当り原液1.0㍑ - 加害された伐倒木を配置し本剤を散布し、直ちにビニール等で密閉し、くん蒸する。 1回 1回
すぎ(は種床) 一年生雑草 原液3~5mL/1穴 は種前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で10~15日間被覆する。 1回 1回
きゅうり ネコブセンチュウ 原液として30㍑/10a 植付14日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付をする。 1回 1回
もも(伐倒木) クビアカツヤカミキリ幼虫 被覆内容積1立方㍍当り原液1.0㍑ - 加害された伐倒木を配置し本剤を散布し、直ちにビニール等で密閉し、くん蒸する。 1回 1回
すぎ(は種床) 多年生雑草 原液3~5mL/1穴 は種前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で10~15日間被覆する。 1回 1回
きゅうり ネコブセンチュウ 原液として30㍑/10a 植付14日前まで (灌水チューブ法)予め灌水チューブを設置し、ビニール等で被覆する。原液30㍑を水と共に10a当り水量が3000㍑(100倍希釈)になるように灌水注入して、7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付又はは種をする。 1回 1回
樹木類(枯損木) カシノナガキクイムシ 被覆内容積1立方㍍当り原液1.0㍑ - 加害された枯損木を配置し本剤を散布し、直ちにビニール等で密閉し、くん蒸する。 1回 1回
樹木類(枯損木) カシノナガキクイムシ 1樹当り{胸高直径(cm)}×{原液12~18mL} 成虫羽化脱出前 千鳥状に開けた穴に規定量の原液を注入し、くん蒸する。 1回 1回
すいか ネコブセンチュウ 原液として30㍑/10a 植付14日前まで (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌全面に均一に散布し直ちに土壌混和して、ビニール等で7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付をする。 1回 1回
すいか ネコブセンチュウ 原液として30㍑/10a 植付14日前まで (灌水チューブ法)予め灌水チューブを設置し、ビニール等で被覆する。原液30㍑を水と共に10a当り水量が3000㍑(100倍希釈)になるように灌水注入して、7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付又はは種をする。 1回 1回
いちご 萎黄病 原液として30㍑/10a 植付14日前まで (灌水チューブ法)予め灌水チューブを設置し、ビニール等で被覆する。原液30㍑を水と共に10a当り水量が3000㍑(100倍希釈)になるように灌水注入して、7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付又はは種をする。 1回 1回
ほうれんそう 萎凋病 原液として30㍑/10a は種14日前まで (灌水チューブ法)予め灌水チューブを設置し、ビニール等で被覆する。原液30㍑を水と共に10a当り水量が3000㍑(100倍希釈)になるように灌水注入して、7~10日間被覆した後ガス抜きを行い、ガス抜き7~10日後に植付又はは種をする。 1回 1回
たばこ ネコブセンチュウ 原液として15㍑/10a 春期耕耘時但し、作付けの30日以上前 (畦土壌全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌耕耘時に土壌全面に均一に散布し、直ちに土壌混和後、成畦被覆する。 1回 1回
たばこ 疫病 原液として20,30㍑/10a 春期秋期耕耘時、但し、作付けの30日以上前 (散布全面処理)原液を水で2~4倍に希釈して、土壌耕耘時に土壌全面に均一に散布し、直ちに土壌混和する。 1回 1回
たばこ 疫病 原液3~5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
たばこ 立枯病 原液3~5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
たばこ 立枯病 原液として30㍑/10a 春期秋期耕耘時、但し、作付けの30日以上前 (散布全面処理)原液を水で2~4倍に希釈して、土壌耕耘時に土壌全面に均一に散布し、直ちに土壌混和する。 1回 1回
たばこ 黒根病 原液として20,30㍑/10a 春期秋期耕耘時、但し、作付けの30日以上前 (散布全面処理)原液を水で2~4倍に希釈して、土壌耕耘時に土壌全面に均一に散布し、直ちに土壌混和する。 1回 1回
せんりょう 立枯病 原液2~3mL/1穴 植付30日前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15cmの穴をあけて薬液を注入し覆土鎮圧する。 1回 1回
フリージア 菌核病 原液5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
花き 苗立枯病 原液3~5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
あかまつ 立枯病 原液3mL/1穴又は2倍液5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
すぎ ネグサレセンチュウ 原液3mL/1穴又は2倍液5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
すぎ 立枯病 原液3mL/1穴又は2倍液5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
きく ネグサレセンチュウ 原液3~5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
きく 立枯病 原液として30㍑/10a 植付前 原液を水で3倍に希釈して、ジョウロ等で均一に灌注後土壌混和し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
果樹類 白紋羽病 原液3~5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15~50cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
果樹類 紫紋羽病 原液3~5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15~50cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
白紋羽病 原液3~5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15~50cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
紫紋羽病 原液3~5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15~50cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
白紋羽病 原液3~5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15~50cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
紫紋羽病 原液3~5mL/1穴 植付前 耕起整地後30cm間隔の千鳥状に深さ約15~50cmの穴をあけて薬液を注入し、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
りんどう 褐色根腐病 原液として30㍑/10a 植付前 (散布全面処理)原液を水で3倍に希釈して、土壌耕耘時に土壌全面に均一に散布し、直ちに土壌混和して、ビニール等で7~10日間被覆する。 1回 1回
カーネーション ニセナミハダニ 原液1mL/立方㍍ 栽培終了後 (ハウス内くん蒸)所定量をハウス内通路に均一に滴下し、処理後4~6日間密閉する。 1回 1回

スポンサードリンク