アドバンテージ粒剤の商品紹介

アドバンテージ粒剤の画像

by Amazon Product Advertising API

自動取得のため実際の商品と画像が異なる場合がございます。 予めご了承ください。

共有する ツイート お気に入り
累計閲覧数
7回

アドバンテージ粒剤

種類名
カルボスルファン粒剤
メーカー
日産化学株式会社 メーカーサイト
剤型名
粒剤
用途
殺虫剤

自動取得のためリンク先の商品が異なる場合がございます。

有効成分情報

成分名称 含有濃度 IRAC FRAC HRAC
カルボスルファン 5.0000% 1A

適用表

作物名 適用病害虫名 希釈倍率 使用液量 使用時期 使用方法 本剤の使用回数 カルボスルファンを含む使用回数
水稲(箱育苗) ツマグロヨコバイ 育苗箱(30×60×3cm使用土壌約5㍑)1箱当り50~70g 移植前3日~移植当日 育苗箱の苗の上から均一に散布する。 1回 1回
水稲(箱育苗) ヒメトビウンカ 育苗箱(30×60×3cm使用土壌約5㍑)1箱当り50~70g 移植前3日~移植当日 育苗箱の苗の上から均一に散布する。 1回 1回
水稲(箱育苗) イネヒメハモグリバエ 育苗箱(30×60×3cm使用土壌約5㍑)1箱当り50~70g 移植前3日~移植当日 育苗箱の苗の上から均一に散布する。 1回 1回
水稲(箱育苗) イネハモグリバエ 育苗箱(30×60×3cm使用土壌約5㍑)1箱当り50~70g 移植前3日~移植当日 育苗箱の苗の上から均一に散布する。 1回 1回
水稲(箱育苗) イネゾウムシ 育苗箱(30×60×3cm使用土壌約5㍑)1箱当り50~70g 移植前3日~移植当日 育苗箱の苗の上から均一に散布する。 1回 1回
水稲(箱育苗) イネミズゾウムシ 育苗箱(30×60×3cm使用土壌約5㍑)1箱当り40~70g 移植前3日~移植当日 育苗箱の苗の上から均一に散布する。 1回 1回
水稲(箱育苗) イネドロオイムシ 育苗箱(30×60×3cm使用土壌約5㍑)1箱当り40~70g 移植前3日~移植当日 育苗箱の苗の上から均一に散布する。 1回 1回
ピーマン ミナミキイロアザミウマ 株当り0.5g 育苗期後半 株元処理 1回 1回
とうがらし類 ミナミキイロアザミウマ 株当り0.5g 育苗期後半 株元処理 1回 1回
ピーマン ミナミキイロアザミウマ 株当り1~2g 定植時 植穴処理 1回 1回
とうがらし類 ミナミキイロアザミウマ 株当り1~2g 定植時 植穴処理 1回 1回
さとうきび コガネムシ類幼虫 6~9kg/10a 植付時 植溝処理土壌混和 1回 3回以内(植付時の土壌混和は1回以内、培土時の土壌混和は1回以内、散布は1回以内)
さとうきび ハリガネムシ 6~9kg/10a 植付時 植溝処理土壌混和 1回 3回以内(植付時の土壌混和は1回以内、培土時の土壌混和は1回以内、散布は1回以内)
さとうきび メイチュウ類 6~9kg/10a 植付時 植溝処理土壌混和 1回 3回以内(植付時の土壌混和は1回以内、培土時の土壌混和は1回以内、散布は1回以内)
さとうきび コガネムシ類幼虫 6~9kg/10a 培土時 株元処理土壌混和 1回 3回以内(植付時の土壌混和は1回以内、培土時の土壌混和は1回以内、散布は1回以内)
さとうきび ハリガネムシ 6~9kg/10a 培土時 株元処理土壌混和 1回 3回以内(植付時の土壌混和は1回以内、培土時の土壌混和は1回以内、散布は1回以内)
さとうきび メイチュウ類 6~9kg/10a 培土時 株元処理土壌混和 1回 3回以内(植付時の土壌混和は1回以内、培土時の土壌混和は1回以内、散布は1回以内)
きく ネグサレセンチュウ 10~20kg/10a - 土壌混和 3回以内 3回以内
きく ミナミキイロアザミウマ 株当り1~2g 植付時 植穴処理 3回以内 3回以内

スポンサードリンク