肥料を適切に使うにはまず知ることから!肥料の基礎知識

そもそも肥料とは?肥料が必要な理由

肥料の定義は肥料取締法で決まっています。肥料は土壌に科学的変化をもたらし、植物が健全に育つように土地に施されるものを言います。つまり、農作物(植物)の健全な生育に欠かせない栄養を与えるものです。

農作物(植物)が育つためには窒素リン酸、カリウムの三大要素のほか、微量要素などが必要です。大雑把にはなりますが、窒素(N)は葉肥(はごえ)、リン酸(P)は実肥(みごえ)、カリ(K)は根肥(ねごえ)と呼ばれています。肥料の箱や袋などに記載されているN-P-Kの表示はこれらを指しています。

植物は土に根を張り、それらの養分を吸い上げて成長しています。そのため、土壌中の栄養分は植物が吸い上げることにより、どんどん乏しくなっていきます。それを補うために土壌に肥料を施すことを「施肥」と言います。

肥料の種類

作物・植物の栽培における肥料の種類は、大きく以下のとおりに分けることができます。

肥料はその物質の有機、無機によって、「有機肥料有機質肥料)」「化学肥料(≒無機質肥料、化成肥料は化学肥料に属します)」の2つに分けることができ、形状によって、「固形肥料」と「液体肥料液肥)」があります。

「化学肥料」とは、化学的に合成しあるいは天然産の原料を化学的に加工して作った肥料です。「有機肥料(有機質肥料)」とは、「油粕や米ぬか、腐葉土など植物性の有機物」「鶏糞(鶏ふん)、牛糞(牛ふん)、馬糞や魚粉、骨粉などの動物性の有機物」を原料にして作られたものです。堆肥も、家畜の糞や落ち葉などの有機物を微生物によって分解・発酵したもので、有機肥料となります。有機肥料は、用土(培土)を養分を補うだけではなく、物理性の改善(ふかふかにする)にも役立ちます。

その他にも肥料には成分によっての種類の違い、使い方の違いなどがあります。農家webでは、窒素リン酸、カリウムの解説だけではなく、化学式まで解説した記事が揃っています。気になる方はぜひ一度、ご覧ください。

元肥、追肥って何?

苗を植え付け(定植する)前に予め土壌へ施しておく肥料を「元肥(もとひ・もとごえ)」と言います。元肥は、初期生育を助ける働きがあり、肥料効果が長く続く緩効性や遅効性の肥料を施すのが一般的です。

苗の植え付け後(定植後)、作物が生長していくときに、土壌の肥料切れが起こらないように追加で施す肥料を「追肥(ついひ・おいごえ)」と言います。追肥を施す時期が遅れたりすると、植物の生育期に葉の色が薄くなったり、花が小さくなったりして最悪の場合、枯れてしまいます。特に窒素、カリウムは消費されるのが早いので適切な時期に追肥が必要です。

「基礎知識」のおすすめ記事一覧

基礎知識

肥料取締法ってどんな法律?どんなことに注意する必要があるのか説明します!

基礎知識

線虫(センチュウ)対策に肥料は有効?その他の対策もご紹介

基礎知識

水田の土壌改良や作物の病害予防に!ケイ酸肥料の特徴と使い方

化学肥料

マグネシウムは光合成に必要な要素!硝酸マグネシウムの肥料の特徴と使い方

基礎知識

光合成に大事な要素!マグネシウムの肥料の特徴と使い方

基礎知識

野菜の美味しさをアップする?アミノ酸肥料の特徴と使い方

基礎知識

植物に必要な栄養ってなに?植物が元気に育つために必要な栄養素

基礎知識

植物の組織を作る栄養素!カルシウム肥料の基本

基礎知識

植物の生長に絶対に必要な要素!リン酸系肥料の基本

基礎知識

植物の生長に絶対に必要な要素!窒素系肥料の基本

スポンサーリンク